フランス語検定はどの程度実用的?履歴書に書ける?

フランス語検定はどの程度実用的?履歴書に書ける?

フランス語検定とはフランス語の実用能力を客観的に測るための日本独自の検定試験です。フランス語検定の難易度によって日常会話レベルや実用的なレベルまであります。何級からでも履歴書に書くことは可能ですが実用的なレベルとしては2級くらいが好ましいです。

目次 [表示]

フランス語検定とは?

フランス語検定とは、公益財団法人フランス語教育振興協会が行っているフランス語の実用能力を客観的に測る日本独自の検定試験で、正式名称を「実用フランス語技能検定試験」といいます。フランス語検定がどの程度実用的なものなのか、履歴書に書くことはできるのかを中心にご紹介します。

フランス語検定(実用フランス語技能検定)

フランス語検定は、正式名称を実用フランス語技能検定といいます。フランス語検定は日本の学習者を対象にした唯一のフランス語を検定する試験です。日本では仏検ともよび、日本のフランス語教育関係者によって1981年に創設されて以降では、受験者総数は85万人をこえています。

フランス語検定の種類

実用フランス語技能検定は、初心者からトップレベルまでで1級から5級までの全7種類の級で分類されています。例年、春と秋の年2回開催されていて1次試験と2次試験の2つの試験日程で合否を決定しています。しかし、2020年度春期試験は新型コロナウイルス感染拡大により中止になりました。

受験の流れ

実用フランス語技能検定は、まずはじめに郵送かインターネットで申込みを行います。次に受験票を受け取ってから1次試験を受験します。3級以下の試験は1次試験のみで行われていますが、3級以上の試験になると2次試験も実施されいて、2次試験の内容は個人面接になります。

次のページ

フランス語検定って実用性は?

今、あなたにオススメの記事

関連記事

人気ランキング

記事はありません。