ノルウェーで話される言語って何?英語は通じる?旅行・留学前に知りたい言語情報を解説!

ノルウェーで話される言語って何?英語は通じる?旅行・留学前に知りたい言語情報を解説!

ノルウェーで話されている言語はノルウェー語ですが、基本的にどこでも英語が通じます。ノルウェー人の英語能力が高い理由や、旅行や留学前に知りたい言語事情を解説します。簡単で便利なノルウェー語もご紹介しますので、ノルウェーに訪れた際には使ってみてください。

目次 [表示]

ノルウェーで話される言語って何?

Photo by Nouhailler

北欧に位置するノルウェーは、首都のオスロをはじめ、港町であるフィヨルドの絶景も楽しめるベルゲンなどへの旅行が人気です。質の高い学校が多く、各国からの留学生も多いことで有名です。大自然が美しいノルウェーで話される言語と、言語事情についてご紹介します。

公用語はノルウェー語

ノルウェーの公用語は、ノルウェー語です。ノルウェー語を話す人口は約460万人で、世界の中でも話者の割合はあまり多くありません。ノルウェー語は、周辺の国々で話されている言語とルーツが同じため、スウェーデン語やデンマーク語、ドイツ語と似ています。

ノルウェー語の特徴

ノルウェー語は、インド・ヨーロッパ語族ゲルマン語派の北ゲルマン語群に属している言語です。文字は、ラテンアルファベットの26文字とæ、ø、åの3つの文字を組み合わせて使われています。

ノルウェー語は、「ブークモール」と「ニーノシュク」という2種類あります。首都オスロの方言が生かされており、デンマーク語によく似た「ブークモール」が使用される割合が圧倒的に多いです。

英語もよく話される言語

Photo byPezibear

ノルウェーの公用語はノルウェー語のみですが、多くの場所で英語も話されています。小さい頃から英語に慣れ親しんできたノルウェー人は、英語を上手に話せるので、観光地やグローバル企業では英語が飛び交っています。

首都のオスロを中心に、基本的にどこでも英語が通じることから、長期滞在をしている外国人の割合も多く、さまざまな場所で英語が使われています。

ノルウェー語と他言語の関係

Photo by Pricey

ノルウェー語とスウェーデン語

ノルウェー語とスウェーデン語は、非常に似ています。スウェーデン語もノルウェー語と同じ、ゲルマン語派に属しており、同じような単語や似ている言い回しが多くあります。

個人差はありますが、特別な語学の学習をしていなくても、ノルウェー人はスウェーデン語を多少理解でき、スウェーデン人はノルウェー語を多少理解できます。

ノルウェー語とデンマーク語

Photo bysharonang

ノルウェー語とデンマーク語には、大きな関わりがあります。2種類あるノルウェー語のうちの1つ、「ブークモール」がデンマーク語に似ている理由は、過去にノルウェーの言語をデンマークが支配していたからです。もう1つの「ニーノシュク」は、デンマーク語の影響を受ける前のノルウェー語の使用を促す言語です。

ノルウェー語とドイツ語

Photo byFelixMittermeier

ノルウェー語とドイツ語は、スウェーデン語やデンマーク語と同様に、同じゲルマン語派なので似ています。

ノルウェーで港町として有名なベルゲンは、ドイツのハンザ商人が独占的に支配していたため、主にドイツ語が話されていたこともありました。ノルウェー語の単語には、ドイツ語の影響を受けているものがたくさんあり、ドイツ語の話者はノルウェー語の習得が比較的早いです。

ノルウェーはどこでも英語が通じる

Photo bymepsita

国民のほとんどが英語を話せる

ノルウェー人は、ほとんどの人が英語を話せます。公用語はノルウェー語であり、公共機関の文書や学校の案内、日常生活はノルウェー語が中心ですが、国民の多くが英語を理解しています。年配の人や地方に住んでいる人で英語が苦手な人もいますが、首都のオスロにいる若い世代の人々は、日常会話は問題なくできます。

英語能力ランキング世界第3位

Photo bycrkmaga

ノルウェーは、世界の100の国と地域の中で英語能力ランキングが第3位です。2019年に発表されたEFの英語標準テストにて、第1位のオランダ、第2位のスウェーデンに続き、よい成績を残しました。学校の授業だけでなく、子どもの頃から日常的にも英語に触れる機会が多いことが、英語力の向上につながっています。

「英語を話せますか?」という質問は失礼

ノルウェーの旅行中に、「英語を話せますか?」とノルウェー人質問をすることは、少し失礼なことです。特に首都のオスロにいる人々は、日常会話レベルの英語が話せることが当たり前だからです。

ノルウェー人にとって英語は、ノルウェー語と同等に身近なもので、小学校に通った経験があり家にテレビやラジオがあれば、英語は話せるようになるものという考えです。

次のページ

英語を話せる人が多い理由

今、あなたにオススメの記事

関連記事

人気ランキング