ベルギーの公用語は?観光で使える便利な表現もご紹介!

ベルギーの公用語は?観光で使える便利な表現もご紹介!

ベルギーは、オランダ語・フランス語・ドイツ語の3つの言語が公用語です。それぞれの言語を話す人口の割合や、それぞれの言語が話されているエリアと、その理由を解説します。3つの公用語の観光で使える表現もご紹介しますので、ベルギーに訪れた際は使ってみてください。

目次 [表示]

ベルギーの公用語は?

Photo byGDJ

ベルギーの公用語は3つ

ベルギーの公用語は、オランダ語・フランス語・ドイツ語の3つです。国土面積は日本の1/12で、九州ほどの大きさですが、北部ではオランダ語、南部ではフランス語、ドイツとの国境付近ではドイツ語が話されています。

隣国に支配された歴史から、3つの公用語のあるベルギーですが、オランダ語・フランス語・ドイツ語に加え、英語を話せる人も多いマルチリンガルで国際的な国です。

首都ブリュッセルは公用語が2つ

首都のブリュッセルは、オランダ語とフランス語の2つが公用語です。公共機関の案内は、公用語である2つの言語の表記が義務付けられています。カフェのメニューなども、2つの言語で表記されています。

ブリュッセルは、欧州連合(EU)の本部や北大西洋条約機構(NATO)の本部など、国際機関の本部が多くあり、オランダ語やフランス語、英語に加え、多くの言語が飛び交う環境です。

次のページ

ベルギーの公用語①オランダ語

今、あなたにオススメの記事

関連記事

人気ランキング