スペインの治安ってどう?旅行での注意点や対策方法をご紹介!

スペインの治安ってどう?旅行での注意点や対策方法をご紹介!

情熱の国スペインといえば、日本人にも人気の観光地です。しかし同時に、スペインは治安が悪く、観光客を狙うスリや置き引きの被害が多いという噂や情報を耳にしたことのある人もいると思います。観光大国スペインで気をつけるべき治安、旅行中の注意点や対策法をご紹介します。

目次 [表示]

スペインの治安は良いの?悪いの?治安情報

スペインといえば、フラメンコや闘牛、有名な建築美術、バル巡りなど魅力的な観光地です。しかし、有名な観光地であるスペインだからこそ、観光客を狙った犯罪も多く、注意しなければいけません。スペインでは、特に観光地の治安が悪く、スリや置き引きなどの軽犯罪が多発しています。とはいえ、しっかりと安全対策をし、気をつけていれば、女性の1人旅でも危険なことはなく、スペイン観光を楽しめます。外務省の海外安全ホームページでは、近年、スペインに対しての危険情報はなく、渡航中止勧告なども出ていませんが、テロの注意喚起と合わせて、旅行前にチェックしておくと安心でしょう。

外務省 海外安全ホームページ|安全の手引き スペイン

スペインで注意すべき治安の悪い観光地

Photo bysuetot

人気のある観光地であれば、観光客を狙った犯罪者が集まってきます。スペインの中でも、特に注意すべき治安の悪い観光地をご紹介します。

治安の悪さNo. 1バルセロナ

バルセロナは、ガウディのサクラダファミリアをはじめ、カサバトリョ、カタルーニャ音楽堂、グエル公園など、見どころがたくさんある観光地です。しかし、残念なことに日本人観光客が、最も犯罪被害に遭う都市でもあります。特に旅行者を狙った軽犯罪が多く、注意すべき場所は、サクラダファミリアなど有名な観光地周辺や入り組んだ路地、移動中の地下鉄などでは注意が必要です。しかし、治安が悪いといっても、犯罪被害の多くは、旅行者を狙ったスリや置き引きです。しっかりと安全対策をすれば大丈夫でしょう。

首都マドリード

オリジナル画像

首都マドリードも見どころが多く、プラド美術館やバルが集まるグルメエリアのカババハ通り、マヨール広場、サンミゲル市場などが、スペイン観光のメインとなる都市です。しかし、バルセロナの次に旅行客を狙う犯罪が多いのがマドリードです。特に、アトーチャ駅、ソル駅周辺やマヨール広場など、人で賑わう観光地や駅、広場などの場所では注意が必要です。

イスラム文化が色濃く残るグラナダ

グラナダはアルハンブラ宮殿で有名な都市です。アルハンブラ宮殿が一望できる場所が、旧市街アルバイシン地区にありますが、このエリアは治安が悪いので注意が必要です。入り組んだ街並みなので、知らないうちに危険な場所に迷い込んでしまう可能性もあります。また、サクロモンテ地区も治安が悪いと言われています。夜道のひとり歩きは危険なので避けた方が良いでしょう。観光地や人混みでは、スリや置き引きには十分注意し、対策する必要があります。

スペインで治安の良い観光地

オリジナル画像

スペイン旅行では、とにかくスリや置き引きに気をつけるように言われますが、スペインの中でも治安が良く、安全な都市もあります。

海に面した港湾都市バレンシア

スペイン第三の都市バレンシアは、治安が悪いと言われるバルセロナやマドリードと比べると、かなり治安が良い都市です。現地の人もフレンドリーなので居心地の良い観光地です。また世界遺産にもなったサンホセの火祭りが有名です。

世界遺産都市トレド

「もしスペインに1日しかいないのなら迷わずトレドへ行け」という名言があるほど、美しい古都トレドです。旧市街全域が古都トレドとして世界遺産に登録されています。その歴史的な街並みは美しく、治安も良いので、安全に街歩きが楽しめるでしょう。マドリードからのアクセスも良く、日帰り観光も可能な都市です。

スペイン旅行中に注意すべき治安の悪い場所

Photo byNikolaiy

日本は世界屈指の安全国と言われています。電車で居眠りをしていても、滅多にスリに遭うことがありませんし、バックを置いたまま席をたっても、置き引きされる心配もそうそうありません。しかし、スペインで日本の感覚のまま外を歩いていると、軽犯罪に巻き込まれてしまう可能性は高いでしょう。特に旅行客が狙われやすい場所と、安全対策をご紹介します。

地下鉄やバス

オリジナル画像

混雑している車内などはスリに遭いやすいです。複数人のスリグループに囲まれて貴重品を盗まれてしまったり、車内で身動きが取れないところを狙われたりします。また居眠りをしてしまうと、確実にスリ犯罪者に狙われます。

地下鉄やバスで危険な場面

混雑した車内や、地下鉄構内のエスカレーター、乗り物の出入り口付近など、混雑した人の流れのある場所は危険なので注意してください。

地下鉄やバスでの安全対策

公共交通機関の乗り物では絶対に居眠りをしては行けません。バックは体の前に抱えるように持ち、車内では壁側に立ち人に囲まれないようにするなど、安全対策をしましょう。バックのチャックに鍵をかけてあるからといっても安心できません。ナイフなどでバックを引き裂かれ貴重品を盗まれることもあります。

有名な観光地周辺

オリジナル画像

有名な観光地周辺では、観光客を狙った犯罪者がたくさんいます。観光に夢中になっている隙に、スリや置き引きの被害に遭うことも多いです。特に話しかけてくる人には要注意。話かけて注意をそらしている隙に、犯行グループの仲間がスリなどをしてくることがあります。スリなど軽犯罪をしそうにない子供やお年寄りが、スリ犯罪者の場合もあるので油断は禁物です。また、信号待ちの時なども気をつけましょう。

スペインの観光で注意すべき場面

オリジナル画像

スペインはとても魅力的な観光地です。美しい建築物や美味しいご飯、そして、陽気でフレンドリーな気の良い地元のスペイン人。しかし、観光客を狙う悪い犯罪者も多くいるのは事実です。観光中に注意すべき場面をご紹介します。

食事中

食事中にバックを椅子の背もたれにかけておいたり、背中と椅子の間に挟んで置いたりしているとスリのターゲットになってしまいます。また、スマホや貴重品をテーブルの上に置きっ放しにしておくのも危険です。自分の目の前に置いてあるものを、簡単に盗めるはずがないと思う人も多いでしょう。しかし、スペインのスリ犯罪者の手口はかなり上級なので、簡単にスラれてししまうのです。特に道路に面したテラス席などは危険なので注意しましょう。また、レストラン内であっても、自由に人が出入りできる場所であれば注意が必要です。バックは膝の上、スマホや貴重品は使い終わったらバックの中にしまうなどの安全対策をしましょう。

カメラ撮影時

スペイン旅行では、美しい建築や景色の写真撮影に、夢中になってしまうことがあります。しかし、そんな時こそ要注意です。両手でカメラを構えてしまうと、たとえカバンを防犯対策で斜めがけにしていたとしても、かなり無防備な状態になります。その瞬間に、スリの被害に遭うこともあります。

ショッピング中

ショッピングに夢中になっている時もスリに狙われやすいでしょう。お店の中にも、スリや置き引き目的の悪い犯罪者がいたりします。例えば、試着をしようとして、一瞬カバンから目を離した隙などに盗まれます。勿論、試着室の中であっても注意は必要です。店内であっても安心しきってはいけません。

ホテルのロビーやビュッフェ中

ホテルのロビーは自由に人が出入りできる場所なので、チェックインの際には、スリや置き引きに注意が必要です。そして朝食のビュッフェの時も同じく、人が自由に出入りできるので注意が必要です。ホテル内だからと安心しきって、カバンや貴重品を席に置いたまま、食事を取りに行くのは危険です。大きなホテルでも混み合っている時は、スタッフもスリや置き引き犯を見逃してしまう可能性が高いので気をつけましょう。

ホテルの客室内

ホテルの客室内も、自前の鍵を使用しなければ、クリーニングスタッフなど自由に出入りが可能になります。鏡台の前に高級なアクセサリーなどを置いたまま外出すると盗まれる可能性があります。ホテルの客室内であっても、外出する時は、自分で鍵のかけられるセーフティーボックスに、貴重品など大切なものは入れておく、安全対策が必要です。

スペインで観光客が狙われる犯罪手口

オリジナル画像

スペイン旅行中に観光客が狙われやすい、有名な犯行手口はいくつかあるのでご紹介します。あらかじめ、犯行手口を知っておけば旅行の安全対策にもなります。

スペイン旅行で最も被害の多いスリ

基本的にスペインで遭遇するスリの手口は、ターゲットの気をそらした瞬間に、盗みを働きます。ターゲットにわざとぶつかってきたり、目の前でお金を落としたりして、ターゲットの注意を引いた瞬間にスリをします。複数人でグループになり連携プレーで犯行を行うことも多く、また、道を訪ねるフリをしてターゲットの前で大きな地図を広げ、その地図を目隠しにして上手に貴重品を盗む手口もあります。

ケチャップスリ

まず、ケチャップやアイスクリーム、異臭のする泥、液体などを髪の毛や背中、カバンなどにつけられます。すると、親切をよそおった人が「何か付いているから拭き取ってあげる」と近寄ってきます。「親身になって汚れを拭き取ってくれるなんて良い人だなぁ」と警戒心を解いてしまうと大変危険です。スリの犯人は、汚れを拭き取るフリをしながら、お財布や貴重品を盗んでいきます。対策としては、どんな状況であれ、知らない人が近づいてきたら、カバンや貴重品から手を離さないことです。

空港やホテル内でも危険!置き引き

置き引きは、空港やホテルのロビーでも頻繁に起こりうる犯罪です。空港やホテルという場所だからと安心しきっては危険です。人の出入りが自由な場所では注意が必要です。空港でお土産選びに夢中になり、スーツケースから目を離した時やホテルでチェックインの手続き中などに、足元に置いた荷物が置き引き被害にあったりします。

ニセモノ警官

スペインでは、警官を装った犯罪者もいます。見えるか見えないかの速さで警官手帳を見せ、自分は警官だといい、持ち物検査を要求してきます。そして、パスポートや財布、クレジットカードを提出するようにいい、ターゲットが動揺している間に財布から現金を抜き取ったりします。本物の警官が、道端でいきなり持ち物検査を要求してくることはありません。まして、財布やクレジットカードの提出を求めることもありません。このようなニセモノ警官に遭遇したら、パスポートはホテルのセキュリティーボックスにあるなどと適当に答え、もしくは無視をして立ち去りましょう。また、パスポートのコピーを持ち歩いていれば、そのコピー用紙をさっと見せて立ち去る方法もあります。

スペイン旅行の安全対策

スペインでは、確かに治安の悪い観光地や場所もありますが、旅行中しっかりと安全対策をすれば、危険なことはありません。

基本的なスリ対策

  • お財布や貴重品はポケットに入れない
  • カバンはチャックで閉まるものを使用
  • カフェやレストランでカバンは膝の上
  • 電車やバス、人混みではカバンを前に抱えて持つ
  • スマホやカメラは使い終わったらすぐにカバンに入れる

お財布の中身は少なめにマネーベルトを利用

スリ対策として、メインのお財布の中身を少なめにしておくと、万が一、お財布が盗まれても被害が少なくて済みます。その他の現金やクレジットカードなどの貴重品は、洋服の下に隠せるマネーベルトや首からぶら下げられるマネーポシェットの中に入れておくと安全です。

ホテルのセーフティーボックスを利用

持ち歩く必要のない貴重品は、ホテルのセーフティーボックスに入れておくと良いでしょう。自分で暗証番号を決められるセーフティーボックスであれば安全です。

高価な財布やカバンは持ち歩かない

お金を持ってそうな観光客だと分かるとスリや置き引き犯のターゲットになりやすいです。万が一、被害にあっても最小限に抑えられるように、高価な財布やカバンは持ち歩かない方が良いでしょう。スペイン旅行用に、ファスナー付きのバック、斜め掛けバック、盗まれても後悔しない財布などを用意すると安心です。

現地の人に馴染むような服装

日本人だからスリのターゲットになりやすい訳ではありません。隙が多く、現金や高価なものを持ってそうな観光客が狙われやすいのです。スペイン旅行、海外旅行が初めてという雰囲気が出ているとカモになるので、現地の人に馴染むような雰囲気、服装を心がけると良いでしょう。日傘やアームカバー、白いマスクなどは、日本では多く見かけるファッションですが、スペイン現地では、観光客として目立ってしまうので気をつけましょう。

スペイン旅行中に犯罪被害にあってしまったら

スペイン旅行中に、万が一、スリや置き引きの被害にあってしまった場合は、速やかに対応しましょう。また、犯人が逃げるところが見えても深追いは禁物です。激情した犯人に命を狙われる可能性もあります。財布から抜き取られた現金や盗まれたカバン、スマホ、貴重品を取り戻すことは、ほぼ不可能です。

クレジットカード類が盗まれたら

クレジットカードなどが盗まれたら、すぐにカード会社に電話をしてカードを止めましょう。盗まれたと連絡を入れておけば、万が一、カードが使用されてしまっても保険が効くので安心です。

パスポートが盗まれたら

パスポートが盗まれたら、必要書類をそろえ、在スペイン日本大使館、総領事館に行き手続きをしましょう。警察の発行した紛失届や、被害届も必要になります。対策として、旅行前にパスポートのコピーを準備しておくことも、オススメです。

警察に被害届

海外旅行保険に加入している人は、保険適用必要書類として、被害届が必要な場合があります。現地の警察で被害届を提出し、必要書類を揃えましょう。

在スペイン日本国大使館

さいごに

オリジナル画像

スペインは決して、ものすごく治安の悪い国ではありません。しかし、スリや置き引きなどの軽犯罪が多いことも確かです。スペインには、移民やジプシーが多く流れ込んでいるために、そういった軽犯罪が多いという意見もあります。しかし、実際はスペイン人でも、移民やジプシーでも、良い人間もいますし、悪い人間もいます。安全対策をしっかりとすれば、女性の一人旅や子連れ旅でも、安心してスペイン旅行が楽しめますよ。

キタミカ
ライター

キタミカ

世界を旅して35カ国以上。現在は、南インドにてシングルマザーで子育て中です。アジア、中米、ヨーロッパなど、子連れバックパッカーの旅もチャレンジしています。

今、あなたにオススメの記事

関連記事

人気ランキング