ムター博物館はあのアインシュタインの脳が展示されている!インパクト抜群!

ムター博物館はあのアインシュタインの脳が展示されている!インパクト抜群!

ムター博物館は人体標本を多数展示した、アメリカ・フィラデルフィアの歴史ある医学博物館です。アインシュタインの脳、ホルマリン漬けの臓器の人体標本、130以上の本物の頭蓋骨などの展示物があります。ムター博物館は展示物のインパクトから、ホラー博物館と呼ばれています。

目次 [表示]

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業などが行われている場合があります。最新情報は公式サイト・SNSなどをご確認ください。

ムター博物館で必見の展示物

目の画像です
Photo bycoyot

ムター博物館には、多数の標本が展示されています。ムター博物館を見学するうえで、外すことのできない必見な展示物が5つあります。

アインシュタインの脳、石鹸おばさん、結合双生児の石膏像、人体から抽出した異物、本物の頭蓋骨です。常設展示されていますので、ムター博物館に来館した際は、見落とさないようにしましょう。

必見①:アインシュタインの脳のスライド

アインシュタイン画像です
Photo by Faces Of The World

ムター博物館では、輪切りにされたアインシュタインの脳がスライドガラスで保存されています。世界中で、一般の方々がアインシュタインの脳を見学できる施設は、ムター博物館だけです。

アインシュタインの脳は、下頭頂葉領域が平均的な成人の脳より15パーセントほど大きいのですが、なぜ天才だったかはわかっていません。

必見②:悶絶するミイラ「石鹸おばさん」

ミイラのアップ画像
Photo byathree23

石鹸おばさんは、フィラデルフィアで見つかった死蝋化した遺体の展示物です。死蝋により白骨化せずに、全身を石鹸で固めたような見かけから、ソープレディ・石鹸おばさんと名付けられました。石鹸おばさんは、偶然にも苦しそうな表情で蝋化しており、苦悶の表情が見学者の注目を集めています。

必見③:双生児の石膏像

双生児のイメージ画像です
Photo by Ryan Somma

ムター博物館には、結合双生児に関する展示物も多数あります。特に有名な展示物が、チャン&エン・バンカーという結合双生児の石膏像です。チャン&エン・バンカーは結合部に肝臓が存在しており、結合した肝臓と胴体の石膏が見学できます。

チャン&エン・バンカー兄弟は、タイの旧称シャムで生まれ育ちました。シャム双生児の語源はチャン&エン・バンカー兄弟からきています。

必見④:人体から抽出した2,000個超の異物

ネジの画像です
Photo byhhach

ムター博物館では、喉・食道・肺から取り除いた、2,000個を超える誤飲物が展示されています。誤飲物は、ジャクソン博士というフィラデルフィアの耳鼻咽喉科医が寄付したものです。

ジャクソン博士が寄付した誤飲物は、主に15歳未満の子から摘出されました。誤飲物には、コイン・ネジ・ナット・おもちゃなどがあり、展示物はジャクソンコレクションと呼ばれています。

必見⑤:本物を展示「139の頭蓋骨コレクション」

頭蓋骨展示画像です
Photo by Molly Lewis

ムター博物館では、ヒルトルスカルコレクションと呼ばれる、139人分の本物の頭蓋骨が保存されています。頭蓋骨の収集と研究を行っていたヒルトルという学者から譲り受けました。ムター博物館が所持する頭蓋骨のほとんどが、キャビネットに所狭しと並んで展示されている光景は圧巻です。

ムター博物館のその他の展示物

外観図です
Photo by reader of the pack

ムター博物館には有名なもの以外にも、人体標本を中心に、多数の医学的価値のある展示物があります。20,000点以上の展示物の大半が、遺骨や臓器など人体に関わるショッキングな内容です。心臓の弱い方やグロテスクなものが苦手な方は、閲覧に注意してください。

人体の臓器のホルマリン漬け

臓器画像イメージ
Photo bywww_slon_pics

ムター博物館には、人間のあらゆる臓器のホルマリン漬け標本が展示されています。展示されたホルマリン漬け標本は、創設当初に寄贈されたものもあれば、近年寄贈されたものも存在します。

臓器そのものだけでなく、慢性便秘で肥大化した大腸や嚢胞や腫瘍など、病巣も展示物です。ホルマリン漬け標本の展示数は1,300を超えています。

220センチ超の人体標本骨格

頭蓋骨アップ
Photo by lisafree54

ムター博物館には、3,000点を超える骨格の標本を所持しています。特に注目されている骨格標本は、ムターアメリカンジャイアントと呼ばれている骨格標本です。ムターアメリカンジャイアントは高さ220センチを超える人骨の標本で、北米で展示されている人骨の中では、最も背が高いです。

手術用の大量の医療器具

医療器具画像です
Photo byk-e-k-u-l-é

ムター博物館では、多数の医療器具が展示されています。古来から行われてきた医療に用いられた器具が見どころです。体の余分な血を抜いて、体液のバランスを保つ瀉血のための医療器具や、ロボトミー手術用の器具などが見学可能です。ゾッとする過去の医学に対する器具の展示があり、医学の進歩を感じられます。

奇形・欠損・病気など1,200枚以上の写真

奇形 画像です
Photo by otisarchives3

ムター博物館には、医療目的で撮影された写真が1,200枚以上展示されています。主な写真は、南北戦争で被った怪我による身体の欠損の写真や、結合双生児、先天性欠損症などのショッキングな内容です。怪我、奇形、病気などの症状を展示してます。

次のページ

ムター博物館見学の際の注意事項

今、あなたにオススメの記事

関連記事

人気ランキング