2泊3日で必要な最低限の荷物を解説!コンパクトな荷物で楽しい旅行に!

2泊3日で必要な最低限の荷物を解説!コンパクトな荷物で楽しい旅行に!

3連休などを利用して2泊3日の旅行をたのしむとき、荷物は最低限にしぼってコンパクトまとめた、旅を満喫したいものです。2泊3日の旅を快適にするための、荷物の選び方やパッキングのコツ、また、旅行カバンの選び方について紹介します。

記事の目次

  1. 1.2泊3日旅行の荷物はコンパクトにまとめるのがポイント
  2. 2.2泊3日旅行の荷物選びはバッグ選びから始める
  3. 3.2泊3日旅行の荷物を最小限にするポイントは化粧品類と衣類
  4. 4.忘れてはいけない2泊3日旅の持ち物リスト
  5. 5.2泊3日旅行でもパッキング技を活用
  6. 6.コンパクトな荷物造りで身軽で快適な旅行を楽しもう

2泊3日旅行の荷物はコンパクトにまとめるのがポイント

Photo byYong_

国内旅行で最も多い2泊3日の旅行は、旅先でもふだんと同じおしゃれやメイクをしようとすると、どうしても持ち物がかさばってしまいます。荷造りをすると必ずといってもよいほど、カバンに入りきらなくなるのではないでしょうか。身軽な旅を楽しむために、2泊3日旅行の持ち物を少なく、荷物コンパクトにパッキングするコツを紹介します。

短期集中で移動が多い2泊3日旅行の荷物はコンパクトに

国内での2泊3日旅行は、短期間で多くの観光名所や文化施設を巡るため移動が多くなる傾向にあります。荷物はホテルに置くこともできますが、1日目のチェックイン前と3日目のチェックアウト後は、荷物を持ち運びしながらの観光となることは避けられないのです。身軽で快適な旅を楽しむためには、持ち物を小さくコンパクトにすることは必要条件でしょう。

洗濯するほどではない2泊3日旅の着替えは2日分必要

Photo byMichaelGaida

コンパクトにまとめるといっても、最低限必要な荷物もあります。4泊以上であれば「宿泊地で洗濯する」という選択肢もありますが、2泊3日の場合は洗濯してもほとんど荷物の量は変わりません。そのため、2日分の下着や靴下は荷物として持っていく必要があります。逆に、2泊3日の荷物があれば、3泊でも1週間泊でも最低限必要な持ち物はさほど変わらないのです。

2泊3日旅行の荷物選びはバッグ選びから始める

Photo bytookapic

旅行カバンを選ぶ時、荷物の量に合せたサイズを選ぶ方が多いでしょう。それでは旅行先で大きな荷物を持ち運ぶ負担がかかったり、いちいち荷物を預ける手間がかかったりしてしまい、せっかくの楽しい旅行が台なしです。オススメなのが、旅先での観光プランに合わせて「どんなカバンなら旅の負担にならないか」という考え方で旅行カバンを選ぶ方法です。

宿泊場所が1カ所ならキャリーバッグ

2泊3日の旅行で、2日とも同じ宿に宿泊するのであれば、2日目は荷物から解放されるので、キャリーバッグや旅行カバンでもよいでしょう。とはいうものの、1日目と3日目は荷物運びが必要なので、観光予定の場所にロッカーがあるか、荷物の預かりが可能かチェックしてください。

宿泊場所が2カ所ならリュック

Photo by y_ogagaga

1日目と2日目に宿泊する宿が別々の場所の場合、旅行中いつも荷物を持ち運ぶ必要があります。旅行の荷物を持ち運ぶのに一番楽なのはリュックでしょう。なんといっても両手が開くので、何をするにも便利ですし、片手で持ち運びするより、重さが分散されるので体への負担も少ないです。

2泊3日旅行の荷物を最小限にするポイントは化粧品類と衣類

Photo bylograstudio

2泊3日の荷物をカバンに詰めていくと、思った以上に荷物が多くなってしまうものです。経験的に、荷物が多くなる原因は、化粧品類と衣類。「旅先で、ふだんと同じようなメイクをしたい」「せっかくだからこの服もあの服も着たい」と詰めていくと、用意したカバンに入りきらなくなる可能性が高いです。そこで、化粧品類と衣類を最小限にするポイントを紹介します。

ホテルや旅館のアメニティーを活用する

最近の国内のホテルや旅館はアメニティーが充実しているとことが多いです。特にレディースプランなどを利用すると、化粧品も含め必要なものはホテルのアメニティーで間に合うこともあります。ふだん使っているこだわりの化粧品がある方も、2日くらいはこだわりを捨ててみてください。

化粧品類は試供品を活用する

Photo by4956365

女性の方の多くは「もったいないから」といって、捨てずに溜めている試供品があるのではないでしょうか。旅行は、ドラッグストアなどでもらった化粧品類の試供品を使うチャンスです。試供品には、日焼け止めやファンデーションなど、さまざまなアイテムがあるので、旅行の機会に使いましょう。荷物も少なくなるので一石二鳥です。

衣類は季節に応じて工夫する

フリー写真素材ぱくたそ

衣類は基本的に1日目と3日目は同じ服、2日目の服を荷物として持っていくのがおすすめです。選び方としては観光プランに合わせ「アクティブに動きまわるのか」「おしゃれスポットを散策するのか」など、旅の目的に合った服を選ぶとよいでしょう。次に、季節によって注意するポイントも異なるので、季節に応じた荷物を少なくする衣服選びのポイントを紹介します。

春秋は防寒着がポイント

日本列島は南北に長いので、春と秋は地域による気温差が大きくなります。観光地の気温に合せた衣服選びをしましょう。防寒着としておすすめなのは、ユニクロなどのライトタイプのダウンです。軽くて小さく折りたためるので、温度変化に対応できます。ストールを1枚用意しておくと、室内外関わらず気温の変化に対応しやすいのでおすすめです。

夏は汗対策がポイント

夏の季節のポイントは汗対策ですから、おすすめしたいのは綿素材のTシャツやブラウスです。麻素材のシャツやニットも軽くて、吸水性が高くおすすめ。避けた方がよいのは、重量感のあるサマーニットです。日焼けを避けるために、UV効果のある薄手のパーカーなども1枚あると重宝するでしょう。

冬はできるだけ着ていくことがポイント

冬は着替えが、かさばる印象がありますが、屋外での観光が多いのであれば、ほとんどコートを着ているので、中は3日間同じでも大丈夫。割り切って3日間同じ服にしてしまえば、あとは下着や靴下だけ荷造りすればよいのです。ただ、旅先が思ったより暖かいと温度調整できないので、旅先の気温チェックは忘れずに行いましょう。

忘れてはいけない2泊3日旅の持ち物リスト

Photo byPettycon

荷物を必要最小限にするといっても、忘れてはいけないものもあります。絶対に必要な2泊3日旅の持ち物リストをリストッアップしました。ホテルのアメニティーを使えば、荷物はコンパクトになりますので、荷造りの参考にしてください。

【2泊3日旅の必須持ちものリスト】

  • 携帯電話
  • 携帯電話充電器
  • お財布、クレジットカード
  • 下着、靴下2日分
  • 着替え1日分

2泊3日旅行でもパッキング技を活用

旅行の荷造りに欠かせないのがパッキング術です。かさばる荷物をできるだけ小さくまとめることで、小さなカバンで済むようになり、旅の自由度が高まります。荷物を簡単にパッキングできるツールを何点か紹介しましょう。

手軽な圧縮ケースが便利

便利旅行圧縮バッグ【2019年最新型】ファスナー圧縮で衣類スペース50%節約 衣類 タオル 水着 シューズ 乾湿分離 出張 旅行 バスケットボールコート フィットネス 水泳 収納バッグ 便利グッズ 衣類仕分け(綺麗な衣類&汚れた衣類&シューズ&デジタル製品) 簡単圧縮 超大容量 15L

参考価格: 4,999円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon4,999円
楽天

2泊3日旅行におすすめなのが、衣類を詰め込んでジッパーをぐるぐる回して閉めていくだけで、簡単に圧縮できる旅行用収納バッグです。収納ポケットもいくつかあるので、新しい衣類と汚れた衣類を分けて収納できますし、防水性があり衛生的にも安心です。圧縮ケースでパッキングすることで、荷物をコンパクトにまとめられるので、国内旅行におすすめです。

シャンプーなどは100均の容器でコンパクトに

「シャンプーなどは、いつものものを使いたい」という方へのおすすめは、100円ショップなどで販売しているケースに、必要な分量だけ小分けにして入れることです。プラスチック製なら軽くて、サイズも小さいものがあるので、かなり荷物を軽く少なくできます。さまざまなタイプの商品があるので、中に入れるものに合わせて使いやすい商品を選んでください。

小物はジップロックにまとめる

化粧品や化粧道具は、お気に入りの化粧ポーチに入れたいところですが、ポーチ自体も、かさばったり重さがあったりするので、意外と荷物になります。そこで、おすすめなのがジップロックです。水漏れしないので化粧品のふたが開いてしまっても大丈夫ですし、空気を抜いてジッパーを閉めれば、かなり小さくなります。

エコバッグを予備として携帯

【メール便 送料無料】 マリメッコ エコバッグ スマート バッグ (marimekko smart bag) ウニッコ マリロゴ シイルトラプータルハ 折りたたみ エコバック コンパクト バック かばん カバン 鞄 トラベル 旅行 ギフト 誕生日 結婚祝い 出産祝い クリスマス

参考価格: 2,770円

出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
楽天2,770円

行きはカバンに入った荷物が、帰りは入りきらなくなることもあります。お土産などもありますが、旅先でのチラシなど、気がつくと荷物が増えてしまうものです。念のため、ナイロン製で折りたたみできるエコバッグのようなものを携帯しておくと、帰路も安心できます。

コンパクトな荷物造りで身軽で快適な旅行を楽しもう

Photo by Albert929

2泊3日旅行の荷物を最小限にしぼるポイントやパッキングのコツについて紹介してきました。まずは、旅の目的に合わせたバッグを選び、バッグのサイズに合わせて荷物を選んでいくことをおすすめします。必要なものはしっかりカバンに詰め込みつつも、コンパクトな荷物で身軽になったところで、2泊3日の旅を思いっきり楽しんでください。

スマトラ警備
ライター

スマトラ警備

たびの手段は電車とバスと徒歩、たまに船。最近は、岬・神社・古墳と、温泉めぐりがお気に入り。

関連記事

人気ランキング