ブエリング航空ってどんな航空会社?予約方法や荷物の制限などを解説!

ブエリング航空ってどんな航空会社?予約方法や荷物の制限などを解説!

ブエリング航空についての記事です。ブエリング航空は、どこを拠点に活動している航空会社なのでしょうか。ブエリング航空の詳細、予約方法、荷物の数制限、重量制限、料金についてご紹介します。海外旅行をお考えの際は、ぜひ、お読みください。

目次 [表示]

ブエリング航空とは?

ブエリング航空とは、スペインのバルセロナを拠点として活動している航空会社です。2004年に格安航空会社として設立され、バルセロナ・エル・ブラット国際空港をハブ空港としており、LCCが人気を高めてきている航空業界で、注目されている航空会社となっています。ブエリング航空はどのような路線に飛んでおり、機材は何を使用しているのか、詳細を見ていきましょう。

就航路線

ブエリング航空はスペインの国内線をメインとして運行しています。また、オランダやイタリアといった近隣のヨーロッパの国へフライトしています。さらに、ローマにあるレオナルド・ダ・ヴィンチ国際空港を準拠点としてから、多くのヨーロッパ各地の空港にもフライトするようになりました。残念ながら、アジア圏へのフライトは、まだありません。

使用機材

ブエリング航空は95機の飛行機を所有しており、エアバス社の小型の飛行機のみで運行しています。日本のトップのピーチ・アビエーション同様、A320を多く導入しています。日本のLCCのみならず、海外のLCCも小型の飛行機を利用しているので、航空業界は昔のような大型機は減少傾向。小型機が多くなりつつあります。

ブエリング航空の就航都市は?

ヨーロッパをメインとして運行しているブエリング航空ですが、ヨーロッパでの移動は短距離路線が多いため、LCCが人気となっています。そのため、スペインでは、ブエリング航空を利用する機会が増えています。では、ブエリング航空はどこの都市へのフライトがあるのでしょうか。降りたつ空港をご紹介しましょう。

スペイン国内のフライト先

マドリード国際空港 イサビ国際空港 バルセロナ国際空港
ビルバオ国際空港 サンティアゴ・デ・コンポステーラ国際空港 バレンシア国際空港
グラナダ国際空港 セビリア国際空港 アリカンテ国際空港
ヘレス国際空港 マラガ国際空港 メノルカ国際空港

イタリアのフライト先

ローマ国際空港 パレルモ国際空港
フィレンツェ国際空港 ピサロ国際空港
ミラノ国際空港 ピサ国際空港
ヴェネツィア国際空港 ボローニャ国際空港

フランスのフライト先

パリ・シャルル・ド・ゴール国際空港 ニース国際空港

ポルトガルのフライト先

リスボン国際空港 ポルト国際空港

その他のヨーロッパのフライト先

国名 空港名
ベルギー ブリュッセル国際空港
オランダ アムステルダム国際空港
ギリシャ アテネ国際空港
クロアチア ザグレブ国際空港
ポーランド クラクフ国際空港
ガーナ アクラ国際空港
チュニジア チュニス国際空港

ブエリング航空の荷物制限は?

ブエリング航空の荷物制限についてご紹介します。海外旅行をする時は、大きな荷物とともに旅をする方が多いでことでしょう。LCCは持ち込み荷物や預け荷物に制限があります。機内持ち込みの荷物は何キログラムまで持ち込むことができ、預け荷物はいくらの料金で何キロまで預けられるのでしょうか。

ブエリング航空の荷物制限

持ち込み

ブエリング航空の機内持ち込みには制限があり、55×40×20センチメートルに収まる荷物で、重量が10キログラム以下なら機内に持ち込めます。小さなキャリーケースと35×20×20センチメートル以下のカバン、空港で購入した物も機内に持ち込めるため、合計3つの荷物を機内持ち込みが可能です。機内に荷物を3つ持ち込めるのはブエリング航空のメリットでしょう。

預け荷物

ブエリング航空はLCCのため、預け荷物に制限があります。23キログラム以下のキャリーケースを、ひとりにつき最大3個まで預けることが可能です。料金が発生するので、安く預けるために、事前にネットかアプリで荷物を預けることを申告しましょう。また、1キログラムの超過ごとに12ユーロ(1708円)の支払いが必要となるため、すべて23キログラム以下に収めるといいでしょう。

預け荷物の料金

預け荷物の料金は、路線によって値段が異なるため、明確な料金が決まっておりません。予約した便に記載されている値段表を確認した上で、荷物を預けてください。最安値は下記にある表の値段となっており、それ以上の安い料金で荷物を預けることはできません。

事前予約

1つ目の預け荷物の料金 13ユーロ(1,850円)から
2つ目の預け荷物の料金 40ユーロ(5,694円)から
3つ目の預け荷物の料金 40ユーロ(5,694円)から

空港のチェックインカウンターにて

1つ目の預け荷物の料金 50ユーロ(7,117円)から
2つ目の預け荷物の料金 70ユーロ(9,964円)から
3つ目の預け荷物の料金 70ユーロ(9,964円)から

ブエリング航空のシートは?

ブエリング航空のシートの広さについて紹介します。座席のシートピッチはどのくらいの広さなのでしょうか。ブエリング航空は、LCCである日本のピーチ・アビエーションとジェットスターと同じ機材を使用してきるため、2社のシートも一緒にご紹介しましょう。

機内座席の広さ

ブエリング航空のシートピッチは76センチメートル、ピーチ・アビエーションとジェットスタージャパンの74センチメートルです。ブエリング航空のシートは、他のLCCと比べて少し広めになっています。外国人は日本人より体が大きい人が多いため、広めに設定されており、日本人が座ると広く感じるでしょう。

機内エンターテイメント

ブエリング航空から飛ぶ機体には、機内エンターテイメントは搭載していません。これは、日本のLCCと同様ですね。自分自身で、あらかじめ時間を潰すものを準備して乗ることをおすすめします。しかし、ヨーロッパの短距離フライトのため、最長でも2時間ほど。機内エンターテイメントが無くても、辛くなることはないでしょう。

ブエリング航空の機内サービスは?

ブエリング航空には、機内サービスがあるのでしょうか。通常日本のLCCは機内サービスを極力減らす代わりに、航空券の料金をお手軽な値段で設定しています。それは、ヨーロッパのLCCでも同じなのでしょうか。食事や機内サービスについてご紹介します。

食事のサービス

ブエリング航空は機内で、有料の軽食を提供しています。コーヒー、缶のジュース、紅茶、ビール、2種類のサンドイッチ、キットカットとコーヒーのセットメニュー、サンドイッチとコーヒーのセットメニューなどメニューは豊富です。短距離のフライトがメインのため軽食が中心。これは日本のLCCと同じでしょう。小腹が空いた時に注文できるのはうれしいポイントですね。

ブエリング航空のチェックイン時間は?

ブエリング航空のチェックインについて紹介します。日本の場合、LCCのチェックイン時間は厳守です。チェックインの時間を過ぎると、どんな場合でも飛行機に乗ることができません。ブエリング航空はどうでしょうか。チェックインについて見ていきましょう。

チェックインの締め切り時間

空港でのチェックインは、3時間前から可能です。空港では、機械でのセルフチェックインを利用することができるので、並ばずに済みます。空港でのチェックインは、出発便の40分前までに済ませる必要があります。40分を切ってしまうと一切のチェックインを受け付けてくれません。

オンラインチェックイン

ブエリング航空は、オンラインチェックを導入しています。搭乗便の7日前から1時間前であれば、オンラインチェックが可能。しかし、目的地によっては、オンラインチェックが出来ない場合があります。また、荷物を預ける場合は空港のチェックインカウンターの利用が必須です。チェックインカウンターには、時間に余裕を持って向かいましょう。

ブエリング航空の予約方法は?

ブエリング航空は、公式サイトかアプリで航空券を予約できます。有料ですが、オンライン予約時に座席指定も可能となっています。預け荷物についても、オンライン予約と同時に有無を設定できます。予約したクラスによっては、追加料金が発生するため、ご注意ください。ただし、日本語は非対応。英語での表示になるので、間違えないようにしましょう。

Basic

Basicは座席指定や預ける荷物がない場合、最安値となるクラスです。Basicには機内持ち込みの荷物の10キログラムのみ許可されており、預け荷物は追加料金が発生します。預け荷物がなく座席にこだわりがない方は、最安値のBasicクラスでの予約がおすすめです。

Optima

OptimaはBasicの次に安いクラスで、Basicと比べると、さまざまなオプションが追加されています。Optimaではbasicと同様である持ち込み荷物10キログラムに加え、座席指定、預け荷物1個分の23キログラムまでの料金が含まれています。預け荷物がある方や座席指定をしたい方におすすめのクラスです。

TimeFlex

TimeFlexは、10キログラムの預け荷物、座席指定、搭乗便の変更、優先搭乗、空港でのチェックインの際にファストトラックを利用できるサービスが追加されています。ヨーロッパの旅行で予定変更の可能性がある方は、TimeFlexクラスの予約がおすすめです。LCCの予約便の変更料金は高いため、事前に便を変更する可能性が少しでもある方は、TimeFlexでの予約が良いでしょう。

Family

Familyは家族向けにおすすめのクラスです。Familyクラスは、10キログラムの持ち込み荷物、座席指定、預け荷物が23キログラムまで可能となっているのに加え、優先搭乗が可能。小さなお子さまがいる方は、優先搭乗で早く機内に入れるのが、うれしいポイントでしょう。他の乗客を気にせずフライト準備ができるため、おすすめとなっています。

ブエリング航空を利用してみよう!

ブエリング航空について紹介しました。ブエリング航空はスペインの格安航空会社で、ヨーロッパを中心にフライトを運行していると、お分かりいただけましたか。有料ですが機内食もあり、荷物も預けられます。オンラインチェックインにも対応しており、予約クラスは全部で4種類。日本のLCCとは違い、シートも広いので、快適な空の旅が楽しめるでしょう。

新木本
ライター

新木本

【GoToトラベル特集】各社割引を徹底解説!どうやったら割引は受けられるの?のイメージ
【GoToトラベル特集】各社割引を徹底解説!どうやったら割引は受けられるの?
GoToトラベルを利用して、ネット予約する時の各社割引を徹底解説します。GoToトラベルは旅行代金が最大35パーセント割引になるキャンペーンです。予約サイトごとに併用できるキャンペーンなどがありますので、どうやったら割引が受けられるのかみていきましょう。

関連記事

人気ランキング