ハワイの雨季っていつ?旅行前に知りたいハワイの1年の気候の変化を解説!

ハワイの雨季っていつ?旅行前に知りたいハワイの1年の気候の変化を解説!

ハワイの雨季についてご紹介しています。ハワイは、乾季と雨季がありますが、雨季はどんな気候なのかについて、この記事で詳しく知ることができます。雨季の実際の降水量や雨季の時期にはどんな旅行をしたらいいのか、旅行のポイントについてまとめています。

目次 [表示]

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業などが行われている場合があります。最新情報は公式サイト・SNSなどをご確認ください。

ハワイの気候にはどんな特徴がある?

多くの観光客がつめかけるハワイです。ハワイの雨季についてご紹介。ハワイは、乾季の方が観光には人気がありますが、雨季の旅行は実際にどうなのでしょうか。ハワイの気候の特徴についてまず、知ってみましょう。ハワイの季節は、夏と冬だけの2シーズンで、それぞれの気温のことも気になります。夏や冬、そして乾季、雨季の関係についても、詳しくなってみませんか。

ハワイの夏や冬は気温の変化が少ない特徴

まず、雨季の紹介の前に、ハワイの夏と冬について見ていきます。ハワイの気候は、1年を通して気温の差があまりないのが特徴。1年中暖かいハワイですが、4月~9月が夏となっていて、冬が10月~3月です。ホノルルの夏と冬の平均気温の変化を見てみませんか。ハワイは、平均気温が最も寒い1月で23.1度、1番暑い8月で28.0度です。年間通じて、平均気温の差にあまり開きがありません。最高気温も1月で27.0度、8月の31.6度で、冬も暖かい気候です。夏と冬の最高気温にそれほどの差がありません。1年を通して、あまり気温に差がなく、最低気温と最高気温の差もあまりないと言えます。

ハワイの1年の気候の変化は?雨季と乾季が大きな特徴

ハワイの気温は、年間を通じてあまり変化がありませんが、大きく気候が変化するのは、雨季と乾季です。10月~3月の雨の多い雨季と4月~9月の雨の少ない乾季で気候が変わります。ハワイの冬が雨季となり、夏が乾季となる点がハワイの大きな気候の変化です。また、1年の中で6月~11月は、ハリケーンがやってくる時期でもあります。

ハワイの観光のハイシーズンは7月~9月

雨季と乾季が大きく分かれるハワイで、観光のハイシーズンと言えば、真夏の7月~9月です。雨季に入る10月の前までの旅行が最も人気となります。日差しが強く、日焼けに注意する必要もある時期ですが、海などのアクティビティを楽しんだりするにもおすすめのシーズンです。ただ、真夏の時期は、乾季ですが、ハワイの気候では、スコールには注意しましょう。突然雨が降ってくることもあります。雨季が明けたすぐの4月頃も、爽やかな気持ちの良さを感じることができるハワイです。

ハワイの雨季は10月~3月

ハワイの雨季は、冬にあたる10月~3月の時期です。乾季の4月~9月にはほとんど雨が降らない時期ですが、10月になると、42.6ミリの雨が降るようになります。6月の最も少ない乾季の時期の平均降水量は、6.2ミリしか雨が降らないのに対して、降水量が増加。はっきり、雨季と乾季が分かれるのが特徴。雨季になると、40ミリ以上の降水量となるのがハワイです。

12月の雨には注意!

雨季の中でも最も降水量が多い12月は、74.3ミリの雨が降ります。一番降らない乾季の6月6.2ミリの12倍以上。11月・12月は雨季の中でも特に雨が降ると知っておくといいでしょう。雨季の旅行で心配な場合は、雨具の準備をして出かけるようにします。

ハワイの雨季の特徴

ただ、ハワイの雨季は、よく雨が降るといっても、一日中降るというわけではありません。一日の中で天気が良く変わるのも特徴。雨季でも雨が降っていたかと思うと急に晴れます。天気予報もあまりあてにならないように天気が変化。雨の日も、雨宿りをして過ごせば、やがて晴れると思って過ごせます。ハワイの雨季の降水量について、詳しく知ってみましょう。

ハワイの雨季の降水量は日本より少ない

ハワイの雨季には、実際どのくらいの雨が降るのでしょうか。日本の梅雨もしくは、それ以上なのか考えてみるといいでしょう。ハワイの雨季の降水量を日本と比較しながら考えると、わかりやすいでしょう。ハワイの雨季の降水量と気温についても一緒に見ていきます。観光するのにも、雨季が過ごしやすいのかどうかについて気になるでしょう。

雨季の降水量も日本に比べると少ない

ハワイの雨季の降水量は、日本と比べると実は少ないものです。ハワイの雨季は、乾季の最も少ない6月の時期に比べると平均して、6倍~7倍程度の雨が降ります。しかし、日本の梅雨を見てみますと、6月に167.7ミリ、台風シーズンの9月に209.9ミリの雨が東京では降っていました。日本と比べるとハワイの雨季は降水量が少ないことがわかるでしょう。雨季と言っても、日本のようには多く降りません。日本は、世界から見て2倍の多くの雨が降る国だと言われています。日本に比べれば、ハワイの雨季はそれほど雨が降らない季節の印象です。

雨季の気温も過ごしやすい

ハワイの雨季は、降水量がそれほどないということがわかったと思います。雨が一日中は、日本の梅雨のようにジトジトと降ることはありません。ただ、雨季は曇っている日は多くなります。肌寒いと感じることがあるでしょう。雨季の10月~3月は、ハワイの冬で、平均気温23度以上で過ごしやすい気温です。曇っている日だけは、少し上着を着る必要もあります。日本の秋のような気候と思っておくといいでしょう。

雨季でも海に入れる時間も

雨季のハワイで観光する場合に、雨季でも海で泳いだりできるのかが気になるでしょう。雨季の季節の気温は、最も寒い1月や2月でも最高気温は27度程度にまで上がります。暖かい日差しがある15時頃までは雨季も海に入ることも可能。海でのアクティビティなども日中は楽しめます。

オアフ島の地域によって雨季の天候は変わる?

ハワイの気候は、地域によっても少しずつ変わります。オアフ島の場所による気候の違いもご紹介。宿泊先を考える場合も、気候もチェックしておくとおすすめです。ハワイは、オアフ島もハワイ島も貿易風などの影響で、高い山の東西のどちらかに位置するかによって、異なった気候が特徴です。詳しく季節による天気や降水量について見ていきます。

オアフ島のワイキキ周辺は雨季でも雨は少ない

オアフ島の有名な観光地ワイキキの場合は、雨季と言っても、あまり雨が降らない地域です。オアフ島には、ワイアナエ、コオラウという山があり、山に貿易風があたって、北東側ではよく雨が降ります。しかし、ワイキキやホノルル空港は、山の南西側にあたるために雨季でもあまり雨が降らないのが特徴。雨季の季節でも割と乾いた日が多くなります。あまり、雨季の心配をしなくてもいい地域です。

オアフ島で降水量が多い場所はマノア渓谷付近

オアフ島の中でも、ワイキキから北の山側のマノア渓谷、マノアの滝の方に行くと、雨がとても多い地域です。熱帯雨林におおわれていて景色が違います。地域によっては、雨季の雨には気をつけたいものです。東西で言えば、カイルアやカネオヘなど東海岸が割と雨が降るので、知っておくといいでしょう。

ハワイ島は地域で大きく異なる気候

ハワイ島に観光に行く人も多くいます。マウナ・ケア、マウナ・ロアという高い山があるハワイ島。キラウエア火山もあり、こちらでも貿易風の影響で気候が大きく変化。また寒い地域もありますので、気をつける必要があります。オアフ島よりも、地域によって気候が異なりますので、チェックして旅行しましょう。行ってみて寒い天気で困らないようにするのがベストです。

マウナ・ケア、マウナ・ロアなど高い山の東側は雨も多い地域

山の東部は、とても雨が多い場所です。西側は、晴れて乾燥した気候が多くなります。マウナ・ケア、マウナ・ロアの東西どちら側なのかについてよく見て観光しましょう。ハワイ島の有名なコナは西側にあり、ヒロは東側です。東側のヒロは、一年中雨が多い地域で、11月の平均降水量は、394ミリにも及びます。西側に比べると約6倍の平均降水量が年間であるのが特徴。東西での降水量の大きな違いを知って出かけるといいでしょう。それでも、雨季の季節のハワイ島には、多くの観光客が訪れます。12月中旬〜3月下旬には、気候が暖かいということで、アメリカなどから観光客が押し寄せるハワイ島です。

山間地域の寒さにも注意!

また、ハワイ島の高い山が多い地域では、11月~3月は雪景色も見られます。防寒の服装も必要な気候。オアフ島に比べた場合に、地域による差が大きく、気候が異なりますので、気を付けて観光しましょう。ハワイ島全体が暖かいと思わずに、天体観測のツアーなどでは、寒さ対策をする必要があります。

ハワイの雨季の旅行はどうなのか

ハワイの雨季の旅行は、実際どうなのか、雨の影響も気になります。雨季に観光をするポイントについて案内。雨季の旅行の際に気を付けたいことも知ってみましょう。雨季のハワイも、一時的な雨をやり過ごせれば、海のアクティビティやいろいろな観光が楽しめて素敵です。

雨季の旅行のポイント

ハワイの場合、雨季といっても、一日中雨ということはあまりありません。シャワーのように、一時的に降る降り方が特徴です。傘を持っていくのもいいですし、雨宿りをしてお店に入ったり、別の観光をしたりするのもいいでしょう。やがて雨がやみます。天気予報が雨でも、シャワー程度の一時的な雨が降る程度です。雨季だからと、雨対策を慎重にしていくほどのことはあまりないでしょう。ハワイでは、雨季でも現地の人はあまり傘を持っていない人を多く見かけます。現地の人や観光客で、雨宿りする人でいっぱいになるのが雨季です。

雨季は地域や時間帯によっても変わる天気

雨季の場合には、雨が降りやすいということで、1日の時間帯で降ったりやんだりします。また、雨が降る時間帯にも、傾向があることを知っているといいでしょう。ホノルルでも山側のコオラウの山に近い方に行くと、早朝によく雨が降ります。オアフ島の東側も、朝早く雨が降ることが多いでしょう。夕方もよく雨が降る傾向です。雨季でも日中は割と晴れていて、朝夕に雨が降るということが多くなります。雨季でも朝夕以外の日中に、屋外のアクティビティなどをするのがおすすめです。

雨季のハワイでよく見られる虹は楽しみ!

雨季でもハワイを楽しんでみたいでしょう。雨がやんだらハワイは、爽やかな天気になります。ハワイの青空に似合う美しい虹が人気!多く見られる虹を雨季の楽しむのもいいでしょう。ワイキキの高層ビル街にも虹がかかると、旅行の思い出にきっとなります。

ハワイの雨季の傾向を知って楽しみませんか

ハワイの雨季についてご紹介しました。ハワイの雨季は、10月~3月です。雨季と言っても、それほどの降水量はないのであまり心配いらない季節。一日中ずっと雨も降っているわけではありませんので、雨季に観光に行くのもおすすめ。雨季も海が楽しめますので、日差しが強くないいい季節です。ハワイの雨季の傾向、地域による違いなども知って、ハワイの雨季の観光も楽しんでみましょう。地域によっては、雨季にとても多く雨が降る地域があります。特に、ハワイ島の東部では、雨季の雨に注意をして観光するようにしましょう。

tryworks.oka
ライター

tryworks.oka

旅行が好きで、いろいろな所を旅行しています。特に島巡りなどが好きです。その場所ならではの物に出会い、発見があると嬉しくなります。

今、あなたにオススメの記事

関連記事

人気ランキング