台北松山空港のすごし方は?ターミナル内のお土産や免税店、レストランをご紹介!

台北松山空港のすごし方は?ターミナル内のお土産や免税店、レストランをご紹介!

楽しかった台湾旅行も終了し、いざ台北松山空港から出発。松山空港は市街地にあり、タクシーや地下鉄でのアクセスも容易にできるので便利です。今回は出発までの台北松山空港でのすごし方をご紹介します。ターミナル内の免税店やレストラン、お土産情報も事前に要チェックですよ。

記事の目次

  1. 1.台北松山空港で充実した時間を!
  2. 2.台北松山空港は便利
  3. 3.台北松山空港のすごし方:カフェで寛ぐ
  4. 4.台北松山空港のすごし方:レストランで食事
  5. 5.台北松山空港のすごし方:ショッピング
  6. 6.台北松山空港のすごし方:免税店でショッピング
  7. 7.台北松山空港のすごし方:施設を利用する
  8. 8.まとめ

台北松山空港で充実した時間を!

Photo by くーさん

親日家の多い台湾は、日本から約3時間半のフライトで気軽に行かれる旅先として人気です。どこか懐かしいレトロな風景や美味しい食事、スイーツにマッサージなど魅力溢れる台湾は、リピーターもとても多い国。台湾の首都「台北」は、台湾最大の都市であり、アジア屈指の世界都市です。台北への海外からの玄関口である「台北松山空港」は市街中心地から約5キロに位置し、とても便利な空港として利用されています。こちらでは台北松山空港での過ごし方についてご紹介しますので、レストラン、お土産、免税店情報などぜひ参考になさってください。

台北松山空港は便利

台北松山空港とは?

台北の空の玄関口は現在「台湾桃園国際空港」と「台北松山空港」の2か所です。一般的には「台湾桃園国際空港」が大部分の国際線の発着地となっています。2010年より台北松山空港と羽田空港との間に就航便が行き来するようになったことから、羽田空港を利用する旅行者には市街地から近い台北松山空港の利便性が高まりました。「台北滞在のみ」の方には、台北松山空港を利用するほうが台北をくまなく見て周る時間が増えるのでおすすめです。

台北松山空港の歴史

台北松山空港は、日本が統治していた1936年に台湾総督府により民間機専用の大規模公共飛行場として建設されました。開港後は、沖縄那覇飛行場を経由し、日本本土との間に定期便が運航。1945年、日本の敗戦に伴い、国民党の管轄空港となり、台湾の国内、国際航空路線の中心的な空港となりました。1979年に、国際空港の役割を担う中正国際空港(現台湾桃園国際空港)が開港されてからは、国内線専用の空港へと変更しています。2008年、中国大陸部との間に定期チャーター便が運航されるようになり、2010年には日本との間に再び国際定期便が復活しました。

台北松山空港への乗り入れ便

羽田空港より台北松山空港へは、日本航空、全日空、チャイナエアライン、エバー航空の4社が直行便を就航しています。所要時間は約3時間半で、毎日各社2便ずつの運行です。台湾との時差はマイナス1時間。ビジネス需要が高い路線ですが、週末になると旅行客が増え、特に大型連休や夏休みは大変混雑しています。

台北市内までのアクセス

市内へのアクセス方法は3通りあります。「バス」は、空港から台北市内各地への路線バスが走っており、所要時間は約30分です。また桃園空港と松山空港を往復する高速バスも出ています。「タクシー」は荷物が多い時には便利ですね。台北市内までのタクシー料金は100から150元が目安になります。「地下鉄MRT」を利用する場合は、「松山空港駅」から「文湖線」(地下鉄路線図の茶色のライン)に乗りましょう。市内中心地へは「動物園」往き方面へ。観光の中心となる「忠孝復興駅」まで約7分で到着です。

台北松山空港のすごし方:カフェで寛ぐ

第1ターミナル

Li Cha 芙

台湾で人気のお茶や新鮮なフルーツを使ったジュース、タピオカなどが飲めるお店です。天然100%台湾産の茶葉にこだわった最高品質のお茶にパイナップルやブドウ、レモンなどをミックスした新感覚のお茶が楽しめます。お好みではちみつやタピオカの追加もありです。台湾滞在の最後に新しい味を求めてちょっとした冒険をしてから出発しましょう。

Wing cafe

本場イタリアの本格的な「illy」コーヒー豆を使ったこだわりのコーヒーが飲めるお店です。軽食、パスタなど出発前の軽めのお食事もいただけます。タピオカミルクティーはもう十分飲んだという方は、イタリアンコーヒーに気分一新されてみては。第1ターミナル国際線出発ロビー北側に位置していますので、飛び立つ前に美味しいコーヒーが飲みたいという方におすすめです。

スターバックス

第1ターミナル2階待合室にあるスターバックスコーヒー。出発前のひと時をお馴染みの味でリラックスしましょう。勝手知ったるオーダー方法やメニューが安心感を与えてくれます。お好みのコーヒーを片手に、楽しかった旅の思い出を語り合いながらのんびりするというすごし方も良いものです。台湾限定のタンブラーやマグカップも販売しています。スターバック好きのお友達へのお土産にいかがでしょうか?

Subway

Subwayは第1ターミナル1階西側の国際線到着ロビーに位置しています。世界最大のサンドイッチチェーンで、お好みの具やパンの種類を選んで、野菜たっぷりのサンドイッチが食べられるとあって人気のお店です。台湾に到着早々、小腹が空いたという方は立ち寄って、軽食をとってからいざ出陣というのもいいでしょう。

第2ターミナル

モスバーガー

台湾の人々に日本の味を届けているモスバーガーは、地元でもとても親しまれ、たくさんの店舗があります。地元産の食材を中心に使い、日本にはないオリジナルメニューも豊富です。海外旅行先ならではのおもしろいメニューに挑戦してみたい方はぜひ食べてみてください。松山空港はこじんまりとしており、第1ターミナルから第2ターミナルへはつながっているので、散歩がてら行ってみましょう。

台北松山空港のすごし方:レストランで食事

第1ターミナル

品川蘭

台北出発前ギリギリまで大好きな牛肉麺を食べていたいという方は、品川蘭でフィナーレを飾りましょう。台湾といえば「牛肉麺」というほど牛肉麺は台湾でとてもポピュラーな食べ物です。お店ごとにスープや麺にオリジナリティがあり、台湾に来たら絶対にはずせないグルメとして知られています。品川蘭の牛肉麺は「川味」と「蘭味」の2種。市内で食べられなかった方はぜひこちらでリベンジを!

Homee KITCHEN

出国審査が済んで、あとは飛行機に乗るだけという国際線ゲートラウンジにあるレストランです。目の前の明るく広々としたレストランで、最後の台湾料理でも食べていこうかと考えるのはみな一緒。こちらでは牛肉麺、ルーロー飯、点心、飲茶などがいただけます。ケーキやコーヒーもありますので、出発前のひと休みにもおすすめです。

大心新タイ式ヌードル

「大心」は台湾で有名なタイ料理チェーン「瓦城」グループの斬新なタイヌードルのお店。赤いインテリアが目印の地元でも人気のお店です。おすすめは、シーフードと豚肉、揚げたえのき茸がのったトムヤムクンスープのラーメンやチキンカレーヌードル。クセになる味にリピートしたくなる方が多いです。

麦記正宗港式焼臘

本場香港のロースト肉定食や飲茶が食べられるレストランです。モーニングタイムにはお粥も提供していますよ。定番のロースト肉定食は、ワンプレートの上にカリッとローストしたお肉とご飯、付け合わせの野菜がのったものです。3種類、4種類のお肉がのったロースト定食もあり、お肉の違いを楽しんでみるのもおすすめ。小籠包などの飲茶は、おやつ代わりにいただいても良いですね。

 

台北松山空港のすごし方:ショッピング

第1ターミナル

セブンイレブン

第1ターミナル国際線出発ロビー北側に、セブンイレブンとコスメショップとの複合店があります。最後の追い込みでお土産を買いたい方はこちらで買い揃えましょう。おすすめは、ここでしか買えないセブンイレブンのイメージキャラクターOPENちゃんのグッズです。文房具やお菓子などオリジナルグッズが豊富に揃っています。牛肉麺などのインスタントヌードルもバラマキ用のお土産にぴったりで種類も豊富です。またコスメショップとの複合店なので、女性のお土産には人気のフェイスパックもあります。

新東陽

新東陽は、1967年に創業した台湾の老舗お土産物店です。もともとは肉そぼろやジャーキーなどの肉加工品製造販売からスタートした会社でした。現在は豚肉や牛肉ジャーキー、黒豚肉ソーセージ以外にもパイナップルケーキ、月餅などの伝統的な食品を扱っています。台湾のお土産なら新東陽に決まりです。

手信坊

台湾初の米菓製造会社です。日本の伝統和菓子をベースに台湾の人々のオリジナリティーを融合させた創作和菓子を販売しています。大福、ライチやマンゴゼリー、マングストーンケーキ、パイナップルケーキも有名です。

台北松山空港のすごし方:免税店でショッピング

台北松山空港内にある免税店は、空港の規模に比例してこじんまりとしています。免税店では最低限の化粧品やお酒、タバコ、お菓子、時計など販売していますが、種類があまり豊富とはいえないです。値段は割高になるため、免税店での買い物は最終の緊急用に利用するのがおすすめ!なるべくお土産などの買い物は事前に済ませておくのがベストですね。

台北松山空港のすごし方:施設を利用する

展望デッキ

松山空港3階の展望デッキで飛行機を眺めながら出発前の小休止、そんなのんびりとしたすごし方はいかが?展望デッキ入り口には、松山空港を発着している航空会社の飛行機模型が展示されています。乗り物好きのお子さんがいらっしゃる方はぜひ一緒に行ってみてください。デッキはウッド調の心地よい雰囲気で、屋根付きの休憩スペースもあります。

トランスアジアベーカリー

展望デッキでお日様にあたりながら軽食や飲み物で休憩したい方におすすめです。トランスアジア航空の機内食を作る会社のベーカーリー専門店。こちらで美味しいパンやお菓子、飲み物を買って、お子さんと一緒に航空機を近くで眺めながら食事をしましょう。

カンフーマッサージステーション

台湾観光でたくさん歩き過ぎて疲れてしまったという方は、出発前に松山空港でマッサージをして疲れを解消していきませんか?カンフーマッサージステーションで、待ち時間を有効利用してクイックマッサージ。場所は第1ターミナル国際線待合室のすぐそばです。肩や腕などの按摩や足のマッサージが15分、30分でできます。これで機内はぐっすりと休みながら帰れそうですね。

両替コーナー

現金が余ってしまって両替をしたい方は、第1ターミナル1階国際線出発ロビーの外貨両替カウンターへどうぞ。台湾銀行と兆豊国際商業銀行の窓口で両替できます。営業時間は午前6時から午後7時30分までです。手数料がかかることを鑑み、お買い物やお食事で残さず使ってしまう方法もありますね。

VIPラウンジ

台北松山空港には各航空会社で共通のVIPラウンジがあります。VIPラウンジはANAやJALのビジネスクラス以上の方が共有で利用できるラウンジです。場所は出国審査を終えてすぐ。中ではソファーにゆったりと腰掛け、寛ぎの時間が過ごせます。評判なのは、こちらでいただける熱々の飲茶サービス。小籠包やエビシュウマイ、肉饅頭などがセイロに入って提供されます。台湾旅行最後の締めくくりに有難いサービスですね。

まとめ

台北松山空港は街中にあり、空港までの移動が楽なのが嬉しいですね。台湾旅行を最後まで存分に満喫できるのでぜひまた利用したい空港でもあります。松山空港に到着し、チェックイン、荷物を預けた後は、出発前までの時間を有意義に楽しみましょう。最終お土産ならセブンイレブンや免税店。カフェやレストランで出発前の軽いお食事。展望デッキでの飛行機鑑賞。こちらでご紹介した松山空港での過ごし方を参考に、ぜひ最後の台北観光を楽しんでください。

TomTom
ライター

TomTom

イタリア在住者です。食べること、特に甘いものが大好きで休日のバール巡りはかかせません。 海外在住者の視点を通して見えるネタを記事に反映できたらと思います。

関連記事

人気ランキング