ハワイ諸島は太平洋に浮かぶ自然豊かな楽園!主な8つの島の特徴を解説!

ハワイ諸島は太平洋に浮かぶ自然豊かな楽園!主な8つの島の特徴を解説!

ハワイ諸島は太平洋に位置し、多くの島々と環礁から成り立つ自然豊かな観光リゾートです。中でもオアフ島やハワイ島が有名ですが、実はハワイ諸島に主要となる8つの島が存在することはあまり知られていません。島はそれぞれ歴史や背景が異なり、個性豊かな特徴を持っています。

目次 [表示]

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業などが行われている場合があります。最新情報は公式サイト・SNSなどをご確認ください。

ハワイ諸島の主な8島:カウアイ島

雄大な自然が魅力のカウアイ島出典: https://www.instagram.com/p/CB4a6RWh07F/

カウアイ島はハワイ諸島3番目の大きさを誇り、ハワイ諸島の最も北に位置する島です。「庭園の島」と称され、島全体が瑞々しい緑で溢れています。熱帯雨林や大渓谷など、自然の驚異的なパワーを感じられるスポットが数多くある一方で、穏やかでのんびりとした雰囲気が残るのもカウアイ島の特徴です。

長年の風雨が作り出した手付かずの大自然

長年の風雨によって作られた大自然
Photo by tbridge

カウアイ島はハワイ諸島の中で最も歴史が古く、島の誕生は500万年前にも遡ります。ハワイ島の誕生が40万年前とされていることからも、想像を超えるような年月がカウアイ島の大自然を作り出しました。

島で最も標高の高いワイアレアレ山は、世界有数の降水量で知られています。古来から続く長年の風雨により、周囲は手付かずの熱帯雨林で覆われました。

「太平洋のグランドキャニオン」とうたわれる絶景

太平洋のグランドキャニオンと称されるワイメア渓谷出典: https://www.instagram.com/p/CONeYP2ngLr/

カウアイ島のワイメア渓谷は、「太平洋のグランドキャニオン」と呼ばれています。自然の力によって作られた大渓谷は、言葉にならないほどのスケールの大きさです。渓谷といっても緑が多く、地球の歴史と共に瑞々しい生命力を感じさせてくれます。

3か所ある展望台のうち、ワイメアキャニオンルックアウトは180度の大パノラマを見られる絶景スポットとして人気です。

ハワイ諸島の主な8島:モロカイ島

モロカイ島の美しいビーチ出典: https://www.instagram.com/p/B3HplTmgVSw/

モロカイ島は東西に長くサンダルのような形が特徴で、ハワイ諸島で5番目の大きさの島です。「友好の島」という名前の愛称を持ち、温かいアロハスピリットに包まれています。

モロカイ島は大規模な開発が行われていないため、手つかずの大自然が残っているのが特徴です。人口の半数がネイティブハワイアンといわれており、古きよき文化が今も根付いています。

美しいビーチを有するフラ発祥の島

モロカイ島はフラ発祥の島
Photo bylesjbohlen

モロカイ島西側の聖地カアナは、フラ発祥と言われる場所のひとつです。古代の女神ラカが、カアナの洞窟でフラを踊った伝説が残されています。

「カ・フラ・ピコ・フェスティバル」は、毎年5月に島の中心部のカウナカカイで催されるフラの祭典です。小規模で素朴なお祭りですが、地元の人たちのフラに対する敬愛と温かみのある雰囲気に直に触れられます。

悲しい歴史を秘めたギネスブック認定の断崖

世界一の高さを誇る断崖出典: https://www.instagram.com/p/B2_r4LmgouI/

モロカイ島のカラウパパ国立歴史公園は、ギネスブックに認定された世界一高い崖の麓にあります。かつて外部と完全に遮断されていた時代に、ハンセン病患者を強制隔離するコロニーが建てられていました。

後に予防法が確立され差別的な隔離は廃止されましたが、今も何人かの生存者が暮らしています。カラウパパ半島への訪問は、ラバに乗るツアーか飛行機や船でのアクセスが必須です。

次のページ

ハワイ諸島の主な8島:ラナイ島

今、あなたにオススメの記事

関連記事

人気ランキング