フィリピン「セブ島」の物価は?日本と比較して買い物にかかる費用を解説!

フィリピン「セブ島」の物価は?日本と比較して買い物にかかる費用を解説!

アジアンリゾートとして有名なフィリピン「セブ島」は物価が比較的安く、手頃に滞在できるところが魅力です。その中でも、特に気になる旅行費用や生活費などを日本の物価と比較してご紹介します。フィリピン「セブ島」への出発前にぜひ参考にしてください。

目次 [表示]

フィリピン「セブ島」の物価は日本より安い?

Photo byrhodes8043

フィリピン「セブ島」は、リゾートホテルで1泊5,000円くらいから、ローカルフードも1食200円くらいから利用でき、日本よりも物価が安いと言われています。それでは、フィリピン「セブ島」の物価が、実際にどれくらい安くてお得なのかを、項目別に細かくチェックしていきましょう。

フィリピンの通貨・両替

Photo byemiliomeza0

フィリピンの通貨は「ペソ」で、1ペソは日本円で2.2円~2.5円くらいです。おすすめの両替所は「アラヤショッピングモール」など大型ショッピングモールの両替所です。日本やセブ島の空港、ホテルのレートはあまりよくないと言われています。

フィリピン「セブ島」の物価を日本と比較:交通費

Photo byMichaelGaida

フィリピン「セブ島」には電車がないため、主な交通手段はタクシー・バイクタクシー・バス・乗合バスなどです。バイクタクシーや乗合バスは現地に慣れていないと利用が少しむずかしいので、比較的利用しやすいタクシーとバスの金額をご紹介します。

タクシー

Photo by imgdive

セブ島のタクシーは初乗り40ペソ(約90円)から乗車できるので、日本のタクシーの初乗り約400円と比べると4分の1です。空港から市内までも150ペソ(約330円)から250ペソ(約550円)くらいで行けます。

乗車する際は1,000ペソなどの高額紙幣だとお釣りをもらえない場合があるので、事前に崩しておき100ペソ以下の紙幣を用意しておきましょう。

バス

Photo by allenthepostman

市内の循環バスで「mybus」というものがあり、空港から市内ショッピングモール間なら、約40分、40ペソ(約90円)で行けます。日本の場合、羽田空港からディズニーランドまでが約50分で850円、新宿までは約40分で1,250円なので、セブ島の「mybus」はかなり安いです。

フィリピン「セブ島」の物価を日本と比較:食料品

Photo byMittmac

フィリピン「セブ島」は、水道水が飲めない地域なので、特に水の価格は重要です。また、旅行中にレストランの食事に飽きてしまったり、自炊をしたりする際の目安として、いくつか食料品の価格をチェックしておきましょう。

フリー写真素材ぱくたそ

セブ島の水は500ミリリットルのペットボトルで10ペソ〜20ペソ(約20円〜約45円)くらいです。日本の場合は100円くらいなので、セブ島の水は日本の半額以下です。年中暑いフィリピン「セブ島」では、観光中もペットボトルの水は必須となっています。

フルーツ

セブ島のマンゴーは1個18ペソ(約40円)くらいで購入できます。日本では1個300円くらいなので、セブ島のマンゴーは日本の約7分の1です。ほかにもパイナップルやドリアンなど日本よりも3分の1以下で食べられるものがたくさんあり、食べ物の中でも、フルーツは特に安いと言えます。

基本的に、フルーツの日本持ち込みは禁止されているので、お土産にすることはできませんが、観光の途中に楽しみましょう。

カップ麺

フリー写真素材ぱくたそ

フィリピン産のカップ麺は30ペソ(約65円)くらいで購入できます。ただし、日本製のカップ麺の価格は90ペソ~140ペソ(約200円~約300円)くらいと、日本より2倍近く高いです。日本の食べ物は全体的に高い値段で販売されています。

フィリピン「セブ島」の物価を日本と比較:日用品

Photo bystevepb

フィリピン「セブ島」のトイレにはトイレットペーパーがないところが多いです。必要不可欠なトイレットペーパーやほかの生活用品の価格から、買い物にどれくらい費用がかかるのか、感覚を掴んでおきましょう。

トイレットペーパー

Photo byfotoblend

セブ島のトイレットペーパーは1個8ペソ~20ペソ(約20円~約45円)で購入できます。日本だと1個40円前後になるので、安いもので日本の約2分の1です。ただし、セブ島のトイレットペパーは一般的にあまり質がよくなく、1ロールが短めと言われています。

シャンプー

Photo by JeepersMedia

セブ島のシャンプーは現地ブランドの場合は日本の半額くらいで、日本にもあるブランドの場合はほぼ同じ価格で販売されています。ボトルタイプ以外にも1回分5ペソ(約10円)くらいの小分けタイプも販売しているので、短期旅行にはおすすめです。

洗剤

Photo by zunsanzunsan

セブ島の洗濯洗剤は1.6キロで150ペソ(約330円)くらいから販売されています。ブランドにもよりますが日本の洗剤より安いです。シャンプーと同じく、1回ずつの小分けタイプも6ペソ~10ペソ(約10円~約20円)くらいで販売されています。

フィリピン「セブ島」の物価を日本と比較:食事

Photo by Keng Susumpow

フィリピン「セブ島」にもファストフード店がたくさんあります。現地の食べ物が合わないときや、レストランに入りづらいときなど、気軽に利用でき便利です。日本でもお馴染みのマクドナルドとスターバックスの価格をチェックしてみましょう。

マクドナルド

Photo by STC4blues

マクドナルドのビックマックはセブ島が140ペソ(約310円)くらいで、日本は390円です。チーズバーガーはセブ島が40ペソ(約90円)くらい、日本は140円となっています。マクドナルドはセブ島の方が安いですが日本とあまり差はありません。

スターバックス

Photo byEngin_Akyurt

スターバックスのコーヒーは、セブ島が110ペソ(約240円)、日本は330円です。カフェラテは、セブ島は140ペソ(約310円)、日本が380円となっています。スターバックスもセブ島の方が安いですが、日本とあまり大差なく、タンブラーなどセブ島限定商品が人気です。

フィリピン「セブ島」の旅費はどのくらい必要?

Photo by2853469

フィリピン「セブ島」に必要な旅行代金は、食費・ホテル代で1日約5,000円からとなっています。これにアクティビティ代、お土産代などが追加となり3泊4日、現地でかかる金額は約30,000円からが相場です。もちろん、ホテルやレストランの選び方でもっと安くも高くもできます。細かく費用を見ていきましょう。

レストラン

ローカルレストランなら一食100ペソ(約220円)くらい、観光客向けは500ペソ(約1,100円)くらいで楽しめます。高級レストランでも、セブ島では1,000ペソ(約2,200円)くらいから食べられるので、少し奮発した食事もおすすめです。

日本食は日本と同じか少し高いので、せっかくならセブ島ならではのものを食べましょう。

お土産

Photo bytimokefoto

セブ島のお土産で、食べ物系は、ドライマンゴーがひとつ70ペソ(約150円)くらいから、バナナチップスは50ペソ(約110円)くらいから販売されています。コスメ系は、パパイヤ石鹸が16ペソ(約35円)くらいから、ココナッツオイルは200ペソ(約440円)くらいから購入可能です。

ホテル

Photo bypufacz

セブ島のホテルは一泊一室あたりの金額で、高級リゾートホテルで14,000ペソ(約30,000円)くらいからとなっています。沖縄のようなリゾートホテルは4,500ペソ(約10,000円)くらいから、街中のホテルは2,700ペソ(約6,000円)くらいから宿泊も可能です。

海外のホテルは1室の料金なので、二人の場合はこの金額から半額で泊まれて、一人当たりかなりお得に滞在できます。

アクティビティ

Photo byclicjeroen

セブ島のアクティビティを現地で申し込むと割安な場合もありますが、満席などの心配がない事前ネット申し込みがおすすめです。人気のアイランドホッピングツアーで、シュノーケリングとランチを合わせて、9,000円くらいから参加できます。市内観光であれば半日5,000円くらいから申し込み可能です。

フィリピン「セブ島」の生活費はどのくらいかかる?

Photo byTheDigitalWay

フィリピン「セブ島」での生活費は、1か月で10万円くらいからが相場だと言われています。日用品以外の家賃や娯楽費をご紹介しますので、セブ島ならではのプール付きマンションやマッサージの金額をチェックしてみましょう。

家賃

Photo byStockSnap

セブ島では、一人暮らし用の家具付きアパートで15,000ペソ(約33,000円)くらいから借りられます。ジムやプール付の人気コンドミニアムは20,000ペソ(約44,000円)くらいから借りられ、東京のワンルーム代金以下で優雅な生活ができるのです。

娯楽費

Photo byhtdayspa

セブ島の映画館は250ペソ(約550円)くらいから楽しめ、時期によっては日本映画の上映もあります。マッサージは一時間350ペソ(約770円)くらい、高級マッサージでも1,000ペソ(約2,200円)くらいからなので、毎日でも通いたくなる金額です。

フィリピン「セブ島」は物価が安くていろいろ楽しめる

Photo bylianasmithbautista

フィリピン「セブ島」の物価は日本と比べると、ほとんどが安いと言えるでしょう。日本食ばかり食べたり、日本のものばかり購入したりしない限りは、それほどお金はかかりません。ローカルレストランやスーパーでの買い物を上手に活用するのがポイントです。

おいしい果物やワンランク上のマッサージ、ホテルなど、普段できない体験をフィリピン「セブ島」でお得に楽しみましょう。

eiko0301
ライター

eiko0301

バンコクを拠点に色々な地域へ旅行してます。猫の写真を撮ったり、各地のお酒を楽しんだりするのが大好きです。

関連記事

人気ランキング