羽田と宮古島の飛行機をご紹介!運行会社や値段、景色はどちらがおすすめ?

羽田と宮古島の飛行機をご紹介!運行会社や値段、景色はどちらがおすすめ?

羽田国際空港から宮古島への飛行機についての記事です。日本の南に位置している宮古島は日本にいるとは思えないような透き通った海を見れます。羽田国際空港から宮古島にはどのような航空会社が路線を運行しているのか、景色を見るにはどちら側の席がおすすめなのか紹介。

記事の目次

  1. 1.羽田国際空港とは
  2. 2.宮古島空港とは
  3. 3.羽田国際空港から宮古島
  4. 4.羽田国際空港から那覇国際空港
  5. 5.那覇国際空港経由宮古島行き
  6. 6.羽田国際空港から宮古島直行便の値段
  7. 7.経由便利用の飛行機の値段
  8. 8.宮古島の景色について
  9. 9.宮島空港行きの飛行機について

羽田国際空港とは

羽田国際空港(東京国際空港)は1931年に開港した日本を代表する国際空港で、年間約8700万人が利用してます。日本では関西国際空港と羽田国際空港のみが24時間離発着可能の空港となっています。羽田国際空港は空港を評価するスカイトラックスで2014年に世界最高水準の5つ星を獲得し、2019年にはシンガポールのチャンギ・国際空港に次ぐ、世界で2位に選ばれました。羽田国際空港の1日の離発着は約600回と日本のトップクラスに忙しい国際空港です。

羽田国際空港の国内便

羽田国際空港は国内線だけで1日1000回以上の発着数を行なっており国内線を運行している空港で日本で1番忙しい空港です。日本国内の48都市に就航しており1日に約182,000人が利用しています。日本1忙しい空港とだけあり現在改良工事を行っておりさらに発着数が増加するでしょう。

羽田国際空港の国際便

羽田国際空港は国際線にも力を入れており、1日に230回飛行機が発着しています。羽田国際空港は18ヶ所、30都市にフライトを運行しており、国際線をメインに運行している成田国際空港の次に国際線の就航路線が多い国際空港です。1日に約47,000人が利用しており、世界各国から訪れる観光客の玄関口となっています。今後羽田国際空港が改装されることでさらなる外国人観光客が日本に訪れるでしょう。

宮古島空港とは

宮古空港は宮古島にある国内空港です。宮古空港は宮古島に2つある空港のうちの1つで、中型機の飛行機まで着陸できる滑走路が完備されています。宮古島に新しくオープンした空港は宮古島からわずか16キロメートルの距離にある空港で今後さらなる宮古島への観光客の増加が見込まれるでしょう。

国内線

宮古空港は国内線のみの運行で1日22便のみ発着しています。運行航空会社はJALの子会社である日本トランスオーシャン航空、琉球エアーコミューター、ANAが運行しています。現在、宮古空港へはLCCのフライトが就航していませんが、新しくできた下地島空港はジェットスターが運行しており、宮古空港から約30分のアクセスです。

羽田国際空港から宮古島

羽田国際空港から宮古島には直行便があります。直行便の所要時間は約2時間です。羽田国際空港から宮古島への直行便はJALの子会社の日本トランスオーシャン航空、ANAが運行しています。羽田国際空港から直行便で宮古空港にアクセスできるのは乗り換えがないため便利ですね。

日本トランスオーシャン航空

羽田国際空港発 宮古空港行き
06時40分発 10時05分着

ANA

羽田国際空港発 宮古空港行き
11時45分発 15時05分着

羽田国際空港から那覇国際空港

経由便を利用する場合は那覇国際空港を発着する便を利用すると便利です。羽田国際空港からJAL、ANA、スカイマークなどが運行しています。スカイマークを利用して那覇国際空港からの経由便はスカイマークはコードシェア便を所有していないためJALかANAの便での運行です。

JAL

羽田国際空港発 那覇国際空港行き
06時15分発 09時10分着
07時40分発 10時35分着
08時15分発 11時05分着
08時50分発 11時50分着
10時45分発 13時45分着
11時15分発 14時10分着
11時45分発 14時45分着
12時45分発 15時40分着
14時50分発 17時45分着
16時00分発 16時50分着
17時05分発 20時05分着
19時45分発 22時35分着

ANA

羽田国際空港発 那覇国際空港行き
06時10分発 09時05分着
06時40分発 09時35分着
07時40分発 10時35分着
08時35分発 11時30分着
09時15分発 12時15分着
10時35分発 13時35分着
11時30分発 14時35分着
13時00分発 15時55分着
14時40分発 17時35分着
15時25分発 16時15分着
18時20分発 21時35分着
20時00分発 22時45分着

スカイマーク

羽田国際空港発 那覇国際空港行き
06時30分発 09時30分着
08時15分発 11時20分着
13時00分発 16時00分着
15時30分発 18時30分着
17時05分発 20時05分着
18時25分発 21時20分着

那覇国際空港経由宮古島行き

羽田国際空港を出発して那覇空港を利用して経由便として宮古空港に行く方法もあります。経由便を利用する場合1度飛行機を乗り換える必要があり時間を要しますが、那覇国際空港から宮古空港の便は1日13便あるため自分自身の好きな時間を選べるでしょう。JALを利用して那覇国際空港の経由便を利用する場合コードシェア便での運行です。那覇国際空港から宮古空港のフライト時間は約40分弱となっています。

日本トランスオーシャン航空(JAL)

那覇国際空港発 宮古空港行き
07時20分発 08時15分着
10時40分発 11時35分着
12時00分発 12時55分着
14時25分発 15時20分着
15時20分発 16時20分着
16時20分発 17時15分着
17時15分発 18時10分着
18時15分発 19時10分着

ANA

那覇国際空港発 宮古空港行き
09時25分発 10時20分着
10時40分発 11時35分着
13時05分発 14時00分着
16時00分発 16時55分着
17時00分発 17時55分着

琉球エアコミューター

那覇国際空港発 宮古空港行き
08時00分発 08時55分着

羽田国際空港から宮古島直行便の値段

羽田国際空港から宮古空港への直行便の値段について紹介します。JALの子会社の日本トランスオーシャン航空やANAを利用した直行便で宮古島に行くためには往復いくらが必要なのでしょうか。シーズンによって値段が異なりますが、閑散期とされる6月の飛行機の値段を例に挙げて紹介します。

日本トランスオーシャン航空(JAL)

片道料金

普通席 クラスJ
19,090円 23,390円

往復料金

普通席 クラスJ
38,180円 46,580円

ANA

片道料金

普通席 プレミアムクラス
19,090円 77,820円

往復料金

普通席 プレミアムクラス
56,380円 155,780円

経由便利用の飛行機の値段

羽田国際国際から那覇国際空港には1日約30便ほど飛んでいるため自身に合った時間を選べます。那覇国際空港から宮古空港へは1日数便飛んでいるため、比較的フライトが組みやすいです。ANAの直行便のプレミアムクラスは国際線クラス並みの運賃でしたが経由便はどうなのでしょうか。スカイマークを利用される方で那覇国際空港から宮古空港のフライトは日本トランスオーシャン航空かANAの飛行機の値段を参考にしてください。

JAL

羽田国際空港から那覇国際空港

  普通席 クラスJ ファーストクラス
片道料金 12,710円 16,910円 50,360円
往復料金 22,420円 31,520円 100,720円

那覇国際空港から宮古空港

  普通席 クラスJ
片道料金 6320円 9120 円
往復料金 11,440円 17,540円

ANA

羽田国際空港から那覇国際空港

  普通席 プレミアムクラス
片道料金 12,710円 61,310円
往復料金 22,420円 122,620円

那覇国際空港から宮古空港

  普通席 プレミアムクラス
片道料金 5120円 23,120円
往復料金 10,240円 46,240円

スカイマーク

羽田国際空港から那覇国際空港

  普通席
片道料金 9910円
往復料金 19,820円

宮古島の景色について

宮古空港に向けて降下している時に見える景色はとても綺麗です。飛行機の窓から見る綺麗な海は既に旅行客の心をワクワクさせます。飛行機の中から綺麗な景色を見る場合は右側か左側のどちらの席に座ると良いのでしょうか。右側から見える景色と左側から見える景色を紹介します。

右側

羽田国際空港に向かう飛行機で右側の席からは宮古島の陸地と与那覇前浜が見れます。右側からはあまり宮古島の景色を見れませんが、飛行機の飛行ルートによっては来間島と来間大橋を見下ろせます。宮古空港に着陸する飛行機は風の関係上宮古の綺麗な海のみの景色です。

左側

羽田国際空港に向かう左側の窓からは来間大橋と来間島を確実に見れます。夕暮れ時には綺麗な夕日を見れ、来間島と夕日の組み合わせは最高です。宮古空港に向かう飛行機の左側からは宮古の陸地と海岸が見えるようになっています。

宮島空港行きの飛行機について

宮古空港について紹介しました。羽田国際空港からは宮古空港に直行便が出ています。羽田国際空港から那覇国際空港と那覇国際空港から宮古空港へのフライトが充実しているため、時間に余裕がある方は経由便を利用してご自身に合ったフライトを選ぶことをおすすめします。スカイマークを利用して宮古にいかれる方はスカイマークはコードシェア便を運行していないため、他の航空会社を利用してください。航空券の値段は普通席はどの航空会社も同じくらいの料金となっています。

新木本
ライター

新木本

関連記事

人気ランキング