アビラのおすすめ観光スポット10選!歴史ある城壁都市をご紹介!

アビラのおすすめ観光スポット10選!歴史ある城壁都市をご紹介!

スペインの城塞都市「アビラ」はスペイン観光の際にはかかせない見どころ溢れる街といえます。ヨーロッパの歴史ある建造物や「進撃の巨人」のような世界観の街並みはとても魅力的です。ここでは「アビラのおすすめ観光スポット10選」と称して、アビラの見どころをご紹介します。

目次 [表示]

アビラ観光

この記事を読まれている方はスペイン旅行を検討中の方も多いでしょう。スペイン旅行でアビラへの観光を計画されている方に向けて、アビラの街の歴史や各都市からのアクセス方法、見どころの観光スポット•グルメをご紹介していきます。世界遺産に登録されてたくさんの観光客が訪れるアビラにはどんな魅力があるのでしょうか。アビラ観光の際の参考にしてみてくださいね。

アビラの魅力とは!?

アビラはスペイン中部のカスティーリャ•イ•レオン州にある人口6万人ほどの街です。アビラは「アビラ旧市街と市壁街の教会群」として、1985年に世界遺産に登録され、城塞都市として多くの観光客が訪れるスペイン国内でも人気のある街になっています。街の建物は中世やルネサンス期に建てられたものが多く、古い街並みなので肌で中世ヨーロッパの雰囲気を味わるのが魅力的です。

アビラの歴史

アビラはギリシャ神話のヘラクレスによって作られた街といわれるほどの歴史ある街です。紀元前6世紀にアビラに住んでいたベトン人が建設した石像が今でも残っています。714年にイスラム教徒により街が占領されたものの、アルフォンソ6世が奪還に成功。その後アルフォンソ6世の娘婿によって城塞が作られ、その結果アビラは城塞都市として、今では魅力のある人気の観光地になりました。

アビラへのアクセス方法

アビラへのアクセス方法は主に電車かバスです。アビラは首都のマドリードから北西に約87キロメートルの場所に位置しているため、アビラを訪れる観光客の多くがマドリードからアクセスしています。スペイン国内は基本的に電車でどの街にもアクセスできるので、人気都市のバルセロナからもアクセス可能です。ここでは各都市からアビラへの、アクセス方法について詳しくご紹介していきますね。

マドリードからアビラ:電車

マドリードからアビラまでは電車とバスを使ってアクセスできます。電車の場合、マドリードのマドリード•チャマルティン駅からアビラ駅まで乗り換えなしです。国有鉄道のレンフェに乗り、片道12.25ユーロで所要時間は1時間から1時間30分になっています。チャマルティン駅へはマドリードの地下鉄でアクセス可能です。電車のチケットは下記URLからも購入できるのでチェックしてみてくださいね。

電車 アビラ - マドリード市 :時刻表、料金と切符 | virail
アビラ から マドリード市 への電車: アビラ から マドリード市 への全ての電車の時刻表、料金、オンライン割引切符。 アビラ から マドリード市 への最安の切符を検索

マドリードからアビラ:バス

バスでアクセスする場合はマドリードの南バスターミナル、エスタシオン•スル•デ•アウトブセスからになります。アバンサというバス会社です。料金は片道7.8ユーロで所要時間は1時間から2時間なので、電車とほとんど変わりませんが、料金はバスの方が安いといえますね。アビラ駅から城壁までは1キロ程なのに対してアビラのバスターミナルからは600メートル程です。

バルセロナからアビラ

バルセロナからはバルセロナ•サンツ駅からアビラ駅行きの電車があります。所要時間は約6時間です。料金は片道110ユーロ程しますが、インターネットでの事前購入の場合は安い時で75ユーロ程になります。駅でチケットを購入するより、事前に購入しておく方が圧倒的におすすめですね。下記URLから購入できるので、バルセロナからアビラへ行かれる際はチェックしてみてくださいね。

電車 バルセロナ - アビラ :時刻表、料金と切符 | virail
バルセロナ から アビラ への電車: バルセロナ から アビラ への全ての電車の時刻表、料金、オンライン割引切符。 バルセロナ から アビラ への最安の切符を検索

セゴビアからアビラ

アビラ周辺の人気観光地セゴビアからはバスでアクセスできます。セゴビアのバスターミナルからアビラまでは約1時間です。料金は片道5.2ユーロとなっています。1日に2本しか運行していないので要注意ですね。チケットの事前予約がおすすめといえます。

セゴビアからアビラ バス
セゴビアからアビラへのバスチケット予約

アビラのおすすめ観光スポット10選

人気の城塞都市、アビラには多くの世界遺産や見どころスポットがあります。どれも中世ヨーロッパの雰囲気を味わえる魅力的なスポットばかりなのでおすすめです。その中から「アビラのおすすめスポット10選」と称して、10個ご紹介します。アビラ観光の際は参考にしてみてくださいね。

アビラ城壁

アビラの街の象徴といえば、やはり城壁ですね。この城壁は登ることもでき、アビラの街を一望できます。入場料は5ユーロです。10時から18時までの間は全体の3分の2ものエリアを散策でき、夜は中には入れないものの外壁はライトアップされるので、また違った魅力があります。観光必須のスポットですね。

カテドラル大聖堂

カテドラル大聖堂は12世紀から14世紀にかけて建てられたロマネスク様式とゴシック様式が混ざった大聖堂です。スペイン国内初のゴシック様式の大聖堂としても有名となっています。併設している博物館にはロマネスク美術をはじめ、たくさんの価値ある作品が展示されているので、カテドラル大聖堂を訪れた際は要チェックですね。

サン•ビセンテ聖堂

サン•ビセンテ聖堂は最初は小さな礼拝堂でしたが、12世紀から13世紀に今の姿に作り上げられたとされています。アビラ城壁の目の前にある理由は、アビラ城壁のすぐ近くで処刑がなされていたからです。外観や内観には歴史ある聖堂に相応しく多くの彫刻があります。中でも回廊の美しさは群を抜いて魅力的なので、ぜひ訪れてみてくださいね。

サンタテレサ修道院

サンタテレサ修道院は「裸足のカルメル会」を設立した聖女サンタテレサの死後、彼女の生家跡に建てられた修道院です。バロック様式の小さな修道院で、併設してある美術館にはサンタテレサが生前使用していたとされるものや、彼女の右手薬指などが展示されています。サンタテレサにまつわる修道院がアビラにはいくつもあり、その全てが世界遺産に登録されているので、おすすめですね。

クアトロ•ポステス

クアトロ•ポステスは遺跡の展望台になっており、そこからはアビラ城壁や辺りに広がる緑豊かでのどかな風景が楽しめます。4本の支柱がクアトロ•ポステスのシンボルですがその支柱はローマ時代のものです。アビラの街自体、標高が高いですがクアトロ•ポステスは街の中でも高台にあるので風が強くなっています。訪れる際は夏でも少し冷えるので羽織るものがあった方がいいですね。

アビラ旧市街

アビラ旧市街は城壁内にある街で、ここでご紹介する世界遺産や見どころスポットの多くが旧市街にあります。旧市街にあるルネサンス期の、貴族の邸宅が博物館になっており、当時の貴族の暮らしが見学可能です。旧市街は小さな街なので徒歩でも十分観光でき、それぞれのスポットをゆっくり見学しても1日あれば満喫できるでしょう。

サン•ニコラス教会

サン•ニコラス教会は12世紀に建てられたロマネスク様式の教会です。小さな教会ですが、当時の魅力溢れるヨーロッパ建築の美しさを楽しめます。他の歴史ある場所とともに世界遺産に登録されているので、旧市街散策の際は訪れてみてくださいね。

エンカルナシオン修道院

エンカルナシオン修道院はサンタテレサ修道院のサンタテレサが27年間過ごした修道院です。ここではサンタテレサが子供の姿のキリストに遭遇したという逸話もあります。3階の博物館にはサンタテレサ直筆の手紙や使用していた枕などが展示されていて、日本語案内もあるので彼女の当時の暮らしについて学べるので、おすすすめの世界遺産です。

サン•トマス王立修道院

サン•トマス王立修道院は1480年に建てられたゴシック様式の修道院です。内装にはフランボワイアントなどの装飾もなされていますが、特に豪華な装飾がある場所というわけではなく、ゴシック様式独特の重厚感ある建物から、歴史の重みを感じられるところが見どころといえますね。この修道院も世界遺産に登録されている1つです。

サン•ホゼ修道院

聖女サンタテレサによって建てられた最初の女性修道院です。サンタテレサが階段から落ちて骨を折ったと言われる「悪魔の階段」も残されています。この修道院も他のサンタテレサにまつわる歴史的建造物とともに世界遺産です。アビラの街にはサンタテレサの修道院が多くあり、どれも魅力的なので1つずつ周るのもおすすめといえますね。

アビラ観光で食べたいグルメ

アビラ観光の見どころは、歴史的な建造物だけではありません。美味しいグルメもまた魅力の1つです。アビラには観光で訪れた際にぜひ食べておきたい絶品グルメのお店があります。アビラの郷土料理やスペイン料理、いくつもありますが、ここでご紹介するのはその中から厳選した人気店3つです。ぜひ食べに行ってみてくださいね。

Siglo•Doce

SigloDoceはアビラ産の牛肉を使ったステーキが評判のレストランです。カテドラル大聖堂の前にあり、日々観光客で賑わっています。スープやデザートがついたセットメニューがおすすめです。その土地のものを使った料理が楽しめるのは旅行の醍醐味といえますよね。1人辺り20ユーロから30ユーロで食事できるので、ランチやディナーで訪れてみてくださいね。

El•Tostado

El•TostadoはPalacio•De•Velada•Hotelの中庭にあるレストランです。リーズナブルな特別コースがおすすめになっています。ここでもアビラ牛のステーキを堪能でき、ステーキ以外にも地中海料理やベジタリアンメニューなども豊富です。真っ青なスペインの青空の下で美味しい料理を食べられるのはとても贅沢といえますね。

Bar•La•Ciguena

Photo bycongerdesign

アビラにはレストランは多いものの、ふらっと立ち寄って1杯飲めるようなバルは多くありません。そんな中でおすすめなのは、Bar•La•Ciguenaです。美味しいスペインのワインやスペインならではのタパスが楽しめます。このバルに訪れる客はほとんど地元住民です。地元の人達の楽しい雰囲気に混じってお酒を飲むのもいい思い出になりますね。

アビラ観光ツアー

アビラは首都マドリードからバスツアーでも観光できます。「自力でバスや電車を使って行くのは不安」という方にはバスツアーがおすすめですね。ほとんどが1日ツアーになっていて、アビラだけではなくアビラ周辺の人気観光地セゴビアにも行くので両方楽しめます。日本語ガイドがついて1日1万円以内のツアー料金なのでとてもお得です。ツアーについては下記URLから詳しい情報をご確認くださいね。

ツアー、アトラクション、アクティビティのオンライン プラットフォーム
世界中のアクティビティをカテゴリ別に分類しているGetYourGuideなら、簡単な検索で充実した情報をご利用いただけます。アフリカ、オセアニア、やはりアフリカ? さあ、長く記憶に残るツアー、アクティビティ、アトラクションを見つけて、予約しましょう。

アビラ観光のまとめ

スペインの城塞都市アビラの、見どころスポットやグルメについてご紹介しました。街のほとんどが世界遺産でどれも歴史あるものばかり、1日中散策するだけでも楽しめそうですね。城塞の外には緑が溢れ、中には旧市街が広がっているさまは、人気漫画の「進撃の巨人」の世界そのままといえます。スペイン旅行の際はぜひ見どころ満載のアビラにも訪れてみてくださいね。

サエキ
ライター

サエキ

世界21ヶ国を旅した末に、現在カンボジアに住んでいます。でも結局ハワイが1番好きです。

関連記事

人気ランキング