チューリッヒ空港ってどんなところ?空港から市内へのアクセス方法も解説!

チューリッヒ空港ってどんなところ?空港から市内へのアクセス方法も解説!

日本から毎日直行便が運航しているスイス・チューリッヒ空港は、数々の賞に輝く快適で便利な国際空港です。ここではチューリッヒ空港の特徴や市内までのアクセス方法、また買い物や食事も充実している空港施設など、さまざまな見どころをご紹介します。

目次 [表示]

チューリッヒってどんなところ?

zurich
Photo by SnippyHolloW

チューリッヒ(Zürich)はスイス最大の都市で、世界的な金融の中心地です。国内中央部に位置し、ヨーロッパらしい旧市街の街並みや、美しい湖などスイスらしい魅力的な風景が見られます。洗練された都会でありながら街は自然豊かでコンパクト。交通の便も発達していて治安も比較的安全。チューリッヒはさまざまな魅力に溢れた国際都市です。

チューリッヒ空港の特徴

チューリッヒ空港の特徴①スイス最大の国際空港

zurich airport
Photo byJoergelman

チューリッヒ空港は、国内最大の国際空港でありながら市内近くに位置しているため、とても利便性に優れた空港です。また建物自体が分かりやすくコンパクトな設計のため、初めての方でも安心です。チューリッヒ空港には国内外から毎日多くの便が発着し、乗り継ぎのアクセスも良く、ヨーロッパのハブ空港として重要な役割を果たしています。長年ヨーロッパのリーディングエアポート賞に輝くスイスを代表する国際空港です。

チューリッヒ空港の特徴②世界の空港ランキングトップ10の常連

zurich airport
Photo by keiichi.yasu

快適で便利と評判のチューリッヒ空港は、スカイトラックスが行う「世界の空港ランキング」格付けトップの常連です。2019年は総合評価10位に加え、「空港のセキュリティ手続き」部門において、世界第1位の評価が与えられました。「最も清潔な空港」部門、「空港のバゲージ取扱い」部門、「乗継ぎでのベスト・エアポート」部門、などにおいてもトップ10入り!快適性と安全性が叶う、世界有数の国際空港です。

チューリッヒ空港の特徴③スイスインターナショナルエアラインズの本拠地

swissir
Photo byb1-foto

チューリッヒ空港は、「スイスインターナショナルエアラインズ(スイス国際航空)」の本拠地です。日本からは直行便が成田とチューリッヒ間を毎日運航しています。チューリッヒ空港には、スタイリッシュなラウンジがあり、出発前・到着後の休憩スペースとして、またビジネススペースとしても快適に利用でき、空港での時間を有効活用できる環境が整っています。

チューリッヒ空港の特徴④ハブ空港としての利便性

zurich airport
Photo by Francis Storr

チューリッヒ空港は乗り継ぎにも便利なコンパクトさです。ターミナルはゲートA、B、D、Eまで4つありターミナル間の移動もスムーズです。別棟のゲートEへは、地下鉄「スカイメトロ(Skymetro)」に乗って行くことができます。また乗り継ぎ便まで待ち時間がある場合は、トランジットエリアでの免税店ショッピングやカフェ・レストラン、また仮眠エリアもあり、次の便の搭乗までの時間をゆったりと自由に過ごすことができます。

チューリッヒ空港からのアクセス方法

SBB
Photo by akarakoc

チューリッヒ空港は交通機関の利便性も高く、空港到着後スムーズに移動できるストレスフリーな空港です。空港のサインに沿って歩けば乗り場へ行くことができるので、初めての方でも安心です。市内まで行く方法で最もおすすめなのが空港からチューリッヒ中央駅まで電車で行く方法。その理由と、それ以外のアクセス方法についても解説します。

チューリッヒ市内への交通アクセス①「電車」

Zurich
Photo by Kecko

チューリッヒ中央駅(Zürich HB/Zürich Hauptbahnhof)へのアクセスは、電車(SBB)の利用をおすすめします。理由は、料金・早さ・利便性が一番優れているからですね。チューリッヒ空港は市内中心部からさほど離れておらず、鉄道を利用すれば中央駅まで約12分で到着できます。空港到着後まずは中央駅へ行って旅を始められる方には一番便利なアクセス方法といえるでしょう。チケットは空港にある券売機、窓口で購入できますが、SBBのアプリを事前にダウンロードしておけば、Wi-Fi環境下では列に並ばずに、いつでもどこでもチケットの購入をすることができます。

チケット購入方法

購入方法 券売機
チケット窓口
アプリ
行先(中央駅) Zürich HB(Zürich Hauptbahnhof)
料金 6.8 スイスフラン(60分有効)
所要時間 約12分

SBB | スイス国鉄公式サイト(英語)
チケットの詳細、料金、時刻表などが確認できます。

チューリッヒ市内への交通アクセス②「トラム」

tram
Photo by t-mizo

チューリッヒ中央駅(Zürich HB/Zürich Hauptbahnhof)までトラムで向かう方法もあります。中央駅までは10番のトラムで約49分。料金は電車と同じですが、時間はかなりかかってしまいます。トラムルートの途中にホテルがある方や、街の景色をのんびり見ながら行きたい方にはおすすめです。中央駅まで急いでいる方は電車をご利用ください。トラムの利用も電車と同様、SBBのアプリがあると便利です。

チケット購入方法

購入方法 券売機
アプリ
行先(中央駅) Zürich HB(Zürich Hauptbahnhof)
料金 6.8 スイスフラン(60分有効)
所要時間 約49分

チューリッヒ市内への交通アクセス③「タクシー」

zurich
Photo by Banalities

長いフライトで疲れていて、重い荷物を持ちたくない場合にタクシーは便利です。チューリッヒ空港のタクシー乗り場から「エアポートタクシー(AIRPORT TAXI)」が利用できます。所要時間は約20~30分、料金は約70~80スイスフラン。クレジットカードが使えるタクシーがほとんどですので、到着早々、慣れない通貨での支払いにとまどうことがありません。空港からの公式のエアポートタクシーには、白い車体に「AIRPORT TAXI」のサインがあります。別のタクシーが来た場合にはトラブル防止のため、乗らないようご注意ください。

タクシー乗車方法

タクシー AIRPORT TAXI(白い車体にエアポートタクシーのロゴ)
乗り場 Arrival 出口1、2を出たところ
料金 約70~80 スイスフラン(メーター制)
所要時間 約30分
クレジットカード 使用可
チップ 基本的に不要

チューリッヒ空港の見どころ

チューリッヒ空港の見どころ①「エアポート・センター(Airport Center)」

zurich
Photo by Nouhailler

チューリッヒ空港にはさまざまな免税店やレストランがあります。なかでも空港に隣接している「エアポート・センター」には80ものショップやバー、レストランがあり、毎日朝早くから夜遅くまで営業していて誰でも利用できるので便利です。交通機関の利便性も良いため、空港利用客だけでなく近隣の住民にも親しまれているショッピングセンターとなっています。

エアポートセンター | Shopping in Zurich(英語)
エアポートセンターの利用案内

チューリッヒ空港の見どころ②「空港見学ツアー」

zurich airport guided tour
Photo by CoreForce

実はチューリッヒ空港では空港見学ができるんです。バスに乗っての空港見学ツアーやチェックインや地上ハンドリング、ハンガーの見学、荷物の飛行機への搭載など、さまざまな見どころいっぱいのツアーが申し込みできます。普段はなかなか入ることができない空港の現場や裏側が見られるとあってとても人気です。もしお時間に余裕があればぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

チューリッヒ空港見学について(英語)
ツアーの詳細や料金、時間などが確認できます。

チューリッヒ空港の見どころ③「ザ・サークル(The Circle)」

スイス最大規模の建設プロジェクト「ザ・サークル」。ショップ、レストラン、オフィス、2つのホテル、医療センターやコンベンションセンターなどを持つチューリッヒ空港隣接の複合施設です。2020年のオープン予定に向けて現在建設を進めています。実はこの設計、日本の山本理顕設計工場によってデザインされたもの。新しい施設は空港のシンボルだけでなく、文化・経済の新しい拠点となることが期待されています。大注目の「ザ・サークル」。2020年のオープンが楽しみな施設です。

THE CIRCLE(英語)
チューリッヒ空港隣接複合施設「ザ・サークル」

まとめ

zurich
Photo by Evgenii

チューリッヒ空港について紹介してきましたがいかがでしたか。ここは世界の空港の中でも快適で利便性のよい空港のひとつです。また乗り継ぎにも便利なコンパクトさに加え、市内へのアクセスも非常にスムーズと評判。空港施設も充実しているので、待ち時間も持て余すことはありません。今後は新しい巨大複合施設ザ・サークルの開業も控え、ますます楽しみな空港です。ぜひチューリッヒ空港を利用して快適な時間をお過ごしください。

emmy
ライター

emmy

カナダ生まれの日本育ち。自由な旅を愛するミニマリスト見習い。いつでも身軽に出かけられるよう日々研究中。

関連記事

人気ランキング