世界三大美術館ってどこ?実は厳密な定義はなくて諸説ある?

世界三大美術館ってどこ?実は厳密な定義はなくて諸説ある?

世界三大美術館は、諸説あります。厳密な定義はなく、来場者数・展示品の価値・観光客の人気など、さまざまな基準によって三大とされています。芸術を自分の目で見て感じることは旅行の目的の一つでもありますので、一度は訪れたい世界三大美術館についてご紹介します。

目次 [表示]

世界三大美術館とは?

世界三大美術館には、厳密な定義はありません。機構や委員会といった組織も存在しないため、さまざまな基準により諸説あります。

どのような世界三大美術館があり、どんな見どころがあるのでしょうか。気になる特徴を持った世界三大美術館を見つけて、旅行計画に取り入れてみませんか。

『世界三大美術館』の定義

  • 来場者数による世界三大美術館
  • 広さによる世界三大美術館
  • 所蔵品数による世界三大美術館
  • 有名な展示品による世界三大美術館
  • 日本人が訪れやすい世界三大美術館

世界三大美術館は、来場者数や広さ、所蔵品の数といった数字によるランキングで定義されるものがわかりやすいです。いっぽう貴重で価値が高いといった美術品ならではの評価基準であったり、アクセスしやすいという観光客目線によって定義されるものもあります。

人気や有名どころというだけではなく、さまざまな特徴をもった世界三大美術館を見ていきましょう。

大英博物館などの『博物館』は含まれない?

Photo by wongwt

美術館は博物館のひとつで、資料館、歴史博物館、水族館なども博物館に含まれます。大英博物館は、歴史的資料や遺物に加え美術品も多く所蔵・展示していることから、歴史博物館かつ美術館でもある『博物館』といえるでしょう。

英語表記では『British Museum』ですが、ルーブル美術館も『Louvre Museum』であり、特に『Art』は付記されません。

次のページ

来場者数による世界三大美術館

今、あなたにオススメの記事

関連記事

人気ランキング