ホテル・空港のチェックインで使える英語表現を解説!荷物はどうやって預かってもらう?

ホテル・空港のチェックインで使える英語表現を解説!荷物はどうやって預かってもらう?

海外のホテルや空港でのチェックインは、基本的な流れと英語表現を覚えていると安心です。例えば「I’d like to check in.」と伝え、予約表を見せれば、スムーズにチェックインができます。事前に英語表現を暗記し、自信を持って海外旅行へ出かけましょう。

目次 [表示]

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業などが行われている場合があります。最新情報は公式サイト・SNSなどをご確認ください。

ホテル・空港の英語表現を覚えよう!

出典:Unsplash

ホテルや空港のチェックインで使われる英語表現は、覚えてしまえば簡単です。スタッフは基本的にマニュアルに沿った流れで質問し、チェックイン業務を行うためです。まずはチェックインの流れを覚え、簡単な英語表現を暗記しましょう。

まずはチェックインの流れを覚える

出典:Unsplash

ホテル・空港ともにチェックインでは「名前・予約内容・荷物の扱いについて」の流れで質問されます。チェックインの際には、パスポートと予約証明書を提示するとスムーズです。

ホテルは、チェックイン時に支払いなど金銭取引があるため、聞き取りが不安な場合は紙やスマホを使うと安心です。空港は、国によって荷物に関する決まりがあるため、慌てないように事前に確認しておきましょう。

ホテルのチェックインの流れ

  1. チェックインをしたいと伝える
  2. 予約者名を告げる
  3. 予約の確認
  4. 場合により支払い・デポジットを払う
  5. 荷物を預ける

ホテルのチェックインの流れは、「チェックインの意思と名前を告げる」「予約確認」「荷物を預ける」です。予約確認後、デポジットを求められる場合もあります。デポジットは海外ホテルでは一般的なため、クレジットか現金の事前準備が必要です。

ハイクラスホテルは入り口付近にポーターがいるため、到着したらまずポーターに名前を告げ、フロントで予約確認から始めます。

空港のチェックインの流れ

Photo byJoshuaWoroniecki

  1. チェックインしたいと伝える
  2. 航空券とパスポートを渡す
  3. 予約内容の確認
  4. 座席のリクエスト
  5. 機内持ち込みの荷物を預ける

空港でのチェックインの流れは、各航空会社のカウンターでパスポートと、航空券やeチケットの控えを提示し、予約内容を確認します。予約確認後、希望の座席があればリクエストします。最後に荷物についての質問を受け、問題なければ預けて終了です。

カウンターチェックインは行列ができる可能性があるため、離陸時間の3時間前には空港へ到着しておきましょう。

次のページ

ホテルのチェックインで使う英語表現

今、あなたにオススメの記事

関連記事

人気ランキング