ミラノ・マルペンサ空港でおすすめの土産やグルメをご紹介!

ミラノ・マルペンサ空港でおすすめの土産やグルメをご紹介!

ミラノ観光を終えて、最後にお土産が買える場所でもあるマルペンサ空港。マルペンサ空港はコンパクトながら、ブランド物からグルメ類まで買えるお店が勢ぞろいしています。この記事ではマルペンサ空港で買えるお土産を12選紹介するので、これからミラノを訪れる方は必見です。

目次 [表示]

マルペンサ空港とは

イタリア最大の空港の一つ

マルペンサ空港はミラノ市内にある空港で、ローマにあるフィウミチーノ空港と同じくらいの規模を誇る、国内最大の空港でもあります。ミラノには他に、ミラノ・リナーテ国際空港がありますが、大体ミラノを訪れる際はこの空港が玄関口になることが多いです。また、イタリアのフラッグキャリアのアリタリア航空の本拠地の一つにもなっています。

イタリアでは珍しいスタバがオープン!

Photo byEngin_Akyurt

世界の主要国の中でも、スタバがなかった国として有名なイタリア。そんなイタリアですが、最近はスタバの店舗が増え始め、ついに2018年11月にマルペンサ空港にスタバがオープンしました。メニューは日本とさほど変わりませんが、コーヒーの値段がとにかく安くて、何杯でも飲めてしまうくらいの価格です。また、ヨーロッパと言ったら名物クロワッサンの種類が豊富で、いろいろな味を楽しめるのも魅力的と言えます。飛行機に乗る前にゆっくりしたい方は、おすすめの場所です。

煩わしい免税手続きが不要

Photo byinvisiblesith

マルペンサ空港では免税店でお買い物をした時、パスポートを見せるだけで免税手続きが完了となります。ですので「わざわざ免税払い戻しカウンターに行って手続きしなければならない!」という煩わしい作業がなくなるため、とても便利です。また、ミラノ市内で買ったものを空港で免税手続きするよりも、空港の免税店で買ったほうが安く済むことが多いので、免税店は絶対に立ち寄ったほうがいいでしょう。

マルペンサ空港で買えるお土産①:ブランド品

イタリアンブランド「Gucci」

Photo by Mathieu Lebreton

Gucciは1921年にフィレンツェで誕生して以降、イタリアンブランドとして人気の座を獲得してきました。他のブランドにはないオリジナル感や品質にこだわり、今でも老若男女から好かれているブランドでもあります。そんなモード感漂うGucciをゆっくり吟味したい方は、ぜひ空港で買うことをおすすめします。空港は混みあうこともないため、貸し切り状態でじっくり見ることができます。本場イタリアで買うGucciは、きっと一生ものの買い物になることでしょう。

足元から贅沢に「TOD'S」

Photo byOpenClipart-Vectors

1980年代ドライビングシューズというのが流行り、世界的なブームとなりました。そこから一気に有名になり、今やセレブや貴族たちに愛されているブランドでもあります。TOD'Sはドライビングシューズが売りですが、革の品質がとても上品なバッグや小物も人気で、エレガンスさを引き出してくれるでしょう。故ダイアナ妃やキャサリン妃もお気に入りだというこちらのブランドで、たまには贅沢にお買い物してみてはいかがでしょうか。

日本では買えない「MASSIMO DUTTI」

「MASSIMO DUTTI」というブランドは、日本にはまだ上陸していません。実は、日本で人気の「ZARA」のアッパーブランドであり、モード系かつ大人な雰囲気が漂うお店です。「ZARA」のような若々しくてカジュアルな感じとは違い、オフィスで着るようなカチッと決まるお洋服が並び、イタリア国内ではどこのショッピングセンターにも入っているほど高い人気を得ています。ブランドものにしては価格も割とリーズナブルで、おすすめですよ!

マルペンサ空港で買えるお土産②:雑貨類

リーズナブル価格が嬉しい「Bottega Verde」

こちらのブランドは1972年に、トスカーナで誕生しました。主な原料として薬草を使っていて、イタリア国内でも1、2を争う知名度です。パッケージは至ってシンプルなのですが、実用性に長けていてとても使い勝手のいい商品になっています。ばらまき用のお土産として人気なのがリップクリームで、かさばらない上にお財布に優しい価格なのでおすすめです。リップクリーム以外にもお買い得商品が多々あるため、空港に行ったらお店をチェックしてみましょう。

見た目が可愛すぎる!「KIKO」

見た目がとてもキュートで、女性から圧倒的支持を集める「KIKO」。このブランドはミラノ発祥で、実用的でコンパクトなサイズな上にリーズナブルな価格がウケて、お土産に買っていかれる方が多いんだそうです。コンパクトで手が届く価格だからこそいつもと違う色を試せますし、お土産として何個も買えるのも魅力の一つでしょう。お土産に買っていったら間違いなく喜ばれるコスメなので、ぜひ一度行ってみてください。

靴下の老舗店「GALLO」

イタリア国内で大変有名な「GALLO」は、靴下の老舗店です。おんどりのシンボルマークがついていて、優しい手触りと色とりどりの靴下は、見ているだけで楽しいことでしょう。実用的で、イタリア人もちょっとしたお土産に買っていくほど人気で、一度身に着けてしまうと「なぜそこまで人気なのか」納得しますよ。靴下としては少々値段が張りますが、たまには贅沢で買ってみるのもいいかもしれません。靴下以外に小物類もあって、お買い物が楽しくなるお店です。

マルペンサ空港で買えるお土産③:お菓子類

日本でもお馴染み「Ferrero」

イタリアでは超がつくほど名物なのが、「Ferrero」というチョコレートです。免税店などに売っており、余ってしまったユーロを使うためや、お土産の予備に買うのもおすすめです。日本では馴染みのあるチョコレートですが、本場はチョコレートの新鮮さが全く違い、そのおいしさは病みつきになるほどハマってしまいます。季節やイベントごとにパッケージが変わる粋な展開も行っていて、お土産にぴったりの商品です。

イタリア定番のチョコブランド「Venchi」

海外のチョコレートってとても甘い印象がありますが、「Venchi」は程よい甘さが日本人の舌に合うと定評で、チョコレートのお土産に選ばれるブランドとして今人気急上昇中です。チョコレートを作る過程では、丁寧に一つ一つこだわりを見せていて、口に入れた時のとろっと溶けるチョコレートが、絶妙で美味です。空港の店内ではジェラートを食べられて、搭乗時間ぎりぎりまで「Venchi」のチョコレートを楽しむことができますよ!こちらも名物チョコレートなので、お土産にいかがでしょうか。

日本よりお得に買える!「BACI」のチョコレート

イタリアの旅行雑誌では、必ず載っているほど有名な「BACI」のチョコレート。イタリアを代表するチョコレートと言っても過言ではないチョコで、そのパッケージの可愛さと安定のおいしさから、お土産として定番化しつつあります。日本でも購入できるのですが、マルペンサ空港で買うほうが安いため、お得に購入することが可能です。日本で見つけられないようなレアなパッケージもあり、ついついたくさん買ってしまいそうですね。

マルペンサ空港で買えるお土産④:イタリアングルメ

イタリア料理の定番「リゾットの素」

Photo by junyaogura

イタリア料理の定番リゾットが、日本でも本場の味を再現できちゃいます。というのもイタリアではリゾットの素が至るところに売っていて、値段もとてもリーズナブルです。ポルチーニきのこやかぼちゃなどさまざまな味があり、全部試してみたくなってしまいますね。空港では即席でできるリゾットも販売されているので、日本に帰国後すぐに、イタリアの本格的なリゾットを楽しめますよ。ばらまき土産にも喜ばれそうな一品です。

イタリアンワイン「フェッラーリ」

北イタリアに本社がある「フェッラーリ」は、絶大な人気と知名度を誇り、特にセレブ達御用達にもなっています。イタリアの赤ワインもとてもおいしいですが、ぜひ「フェッラーリ」のスパークリングワインを試してみてください。上品でフルーティーな味で、ワンランク上のスパークリングワインに仕上がっています。空港内の免税店で販売しているので、自分用に1本買っていってもいいかもしれないですね。

イタリアでは知らない人がいない!「ヌテッラ」

「ヌテッラ」はイタリア人なら誰でも知っているほど有名で、カカオとヘーゼルナッツの効いたカカオ風味のココアジャムです。イタリアの朝食ではパンに塗るのが定番で、他にもクレープを焼いてバナナと一緒にヌテッラを塗って食べてもおいしくなります。カカオとヘーゼルナッツの組み合わせが絶妙なバランスで、程よい甘さが引き立ち、また食べたくなる味です。ヨーロッパでは大人気の商品なので、ぜひお土産に購入していくことをおすすめします!

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はミラノ・マルペンサ空港で買えるお土産を、アイテム別に12選紹介していきました。空港内はコンパクトで非常に見やすいため、ゆっくりとお買い物ができることでしょう。名物のチョコレートや、イタリアングルメは絶対に手に入れておきたいところですね。お買い物以外にもカフェが充実していて、搭乗までゆっくりできるスペースもあるので、そちらもぜひ利用してみてくださいね!

麻衣
ライター

麻衣

海外旅行が特に大好きです。 これから旅行される方のお役に 立てればと思います。

関連記事

人気ランキング