世界一安全な国はどこ?犯罪やテロなど治安の良い平和な国をご紹介!

世界一安全な国はどこ?犯罪やテロなど治安の良い平和な国をご紹介!

世界の国々と比べても日本は犯罪が頻繁に発生していない安全な国と言われていますが、世界一平和な国はどこかご存知でしょうか?世界には日本より治安が良くて平和な国が多くあります。ここでは、世界一安全な国から平和な国をいくつかご紹介します。

目次 [表示]

日本は世界で一番平和な国じゃない?

Photo bysofi5t

日本の平和度指数は、世界の中で9位となっています。日本ではテロも起きてなく、世界と比べても大きな犯罪も発生していないです。しかし、日本だけではなく、どの国でも夜間にひと気がないところに行かなければ、犯罪に巻き込まれる可能性は低くなります。

世界で一番平和な国はどこ?

世界で一番安全と言われている国は、ヨーロッパにあるアイスランドです。アイスランドでは他の国と比べても、犯罪が少なく現在はテロ組織も確認されていません。しかし、世界で一番安全な国とはいえ、スリなどの軽犯罪は頻繁に起きているのも事実です。

世界で一番治安が悪い国はどこ?

世界で一番治安が悪い国とされているのは、南米のエルサルバドル共和国です。エルサルバドルではギャングによる犯罪率やテロ事件が年々上昇しており、日本の外務省でも渡航者に注意を促しています。また、エルサルバドルからアメリカに行く不法入国者も急増しており、アメリカ政府も力を入れています。

ヨーロッパで一番安全な国はどこ?

Photo by12019

ヨーロッパ圏内で一番安全な国は、先ほどご説明したとおりアイスランドです。また、ヨーロッパの中でも北ヨーロッパの治安は比較的に良く、平和な国が多いです。そして、東ヨーロッパには治安が良い国もありますが、北ヨーロッパと比べると治安が悪い国が多くなっています。

ヨーロッパで安全な国 1:スイス

アルプスの少女ハイジの舞台となっているスイスは、治安が良い国のひとつとされています。また、スイスは小さな国なので、首都のベルンを除けば人口が少なく、犯罪やテロの心配は少ないです。しかし、ベルンなどの大きな街では夜間にスリなどの注意は必要です。

スイスの面積は日本の何倍?日本と比較して大きさをわかりやすくご紹介!のイメージ
スイスの面積は日本の何倍?日本と比較して大きさをわかりやすくご紹介!
スイスの面積について、どのくらいの大きさなのかを紹介する記事です。ヨーロッパで人気の観光地のスイスは、自然も美しく魅力的です。スイスの面積について、日本と比較することで想像できるようになります。観光する際にも、スイスの面積について参考になる記事です。

ヨーロッパで安全な国 2:フィンランド

ムーミンなどで有名なフィンランドは、北欧の中でも平和な国とされています。また、隣国のロシアと比べても治安が良く、首都以外では夜間に外出しても、犯罪に巻き込まれにくいです。しかし、運転をする際は鹿などの動物が飛び出してくる可能性があるので、事故にならないために注意は必要です。

フィンランドの面積は日本の何倍?日本と比較して大きさをわかりやすく解説!のイメージ
フィンランドの面積は日本の何倍?日本と比較して大きさをわかりやすく解説!
フィンランドの面積は、日本の国土や形のわかりやすい主要島と比較すると何倍あるのかを解説します。人口や人口密度もくらべる徹底比較です。日本との比較だけでなく、フィンランドと同じように島が多い国との比較もあります。フィンランドの面積を知りたい方は、必見です。

ヨーロッパで安全な国 3:オーストリア

Photo by12019

モーツァルトのゆかりの地と知られているオーストリアは、ドイツなどと比べても平和な国です。オーストリアでは最低限の安全対策をしておけば、街を歩けます。また、首都のウィーンでは重犯罪は起きていませんが、スキミングなどの軽犯罪は発生していますので、財布などに最低限の安全対策は必要です。

オーストリアの面積は日本の何倍?日本と比較して大きさをわかりやすく解説!のイメージ
オーストリアの面積は日本の何倍?日本と比較して大きさをわかりやすく解説!
オーストリアの面積は、83,871平方キロメートルであり、日本の約5分の1の広さです。具体的にどこの面積と同じくらいであるのか、日本と比較してご紹介します。主要都市4つとともに人口の規模や密度までご紹介しますので、オーストリアの規模を知りたい方は必見です。

ヨーロッパで安全な国 4:ポルトガル

ディアナ神殿などで有名なポルトガルは、他のヨーロッパ諸国と比べても、物価が安く比較的に安全と言われている国です。しかし、ポルトガルのお店などで写真を撮影するときは、店員の許可が必要です。首都などは平気ですが、トラブルを避けるためにも撮影前に、店員に許可をもらうことをおすすめします。

ポルトガルの面積ってどのぐらい?日本と比較して大きさをわかりやすく解説!のイメージ
ポルトガルの面積ってどのぐらい?日本と比較して大きさをわかりやすく解説!
ポルトガルの面積は92,226平方キロメートルです。どのぐらいの大きさなのか、日本の地方や世界の国々と比較してご紹介します。面積だけでなく、人口・人口密度もあわせて比較しますので、ポルトガルについて知りたい方はご一読ください。

ヨーロッパで安全な国 5:デンマーク

童話作家アンデルセンの出身地、デンマークはフィンランドに次いで平和な国となっています。デンマークは自然豊かな国で、首都以外のところでは軽犯罪も少ないですが、ヒッピー地区のクリスティアーナでは、ドラッグ中毒者もいますので注意は必要です。

デンマークの面積は日本の何倍?日本と比較して大きさをわかりやすく解説!のイメージ
デンマークの面積は日本の何倍?日本と比較して大きさをわかりやすく解説!
デンマークの面積は、日本の1割程度の大きさです。ヨーロッパの中でも小さな国の一つですが、デンマーク本国から離れた2つの自治領の面積を加えると、実に日本の約6倍にもなるという国です。地球の1/4周離れた両国のデータを中心に比較しながら解説します。

ヨーロッパで安全な国 6:チェコ共和国

プラハで有名なチェコ共和国は、隣国のスロバキアと比べても治安が良い国です。基本的にスキミング等の軽犯罪は、他のヨーロッパ諸国と比べても少ないですが、車の運転が荒い方が多いです。そして、チェコでは会計を間違えることも多くありますので、毎回レシートの確認をおすすめします。

チェコの治安って良い?悪い?観光での注意点など治安情報をご紹介!のイメージ
チェコの治安って良い?悪い?観光での注意点など治安情報をご紹介!
チェコの治安情報・観光での注意点をご紹介します。1人旅・女性だけの旅となると、旅先の治安が気になるのは、なおさらです。チェコで安心・安全に楽しい時間を過ごすためにも、事前に危険なエリア・注意点など正しい情報を得ましょう。

アジアで一番安全な国はどこ?

Photo bysasint

アジア圏内で一番安全な国は、日本人の海外移住者も多いシンガポールです。シンガポールは日本より平和な国とされていますが、最低限の安全対策をしておくと、必要のないトラブルを避けられます。また、シンガポールでは喫煙に関するルールも厳しく、違反すると最高で約8万円の罰金を科せられます。

アジアで安全な国 1:マレーシア

日本人でも知っているクアラルンプールがある国、マレーシアはアジア圏内でも治安が良い国となっています。2019年現在はテロ組織の情報や感染症も確認されておらず、最近では日本人の渡航者も急増している国です。しかし、スリやスキミングなどの軽犯罪が発生しているのも事実です。

マレーシアの治安って良い?ボルネオ島やクアラルンプールの治安を解説!のイメージ
マレーシアの治安って良い?ボルネオ島やクアラルンプールの治安を解説!
マレーシアの治安は地域によって異なりますが、危険な地域や注意点を押さえておけば、初めてマレーシアで観光をする方でも、安心して満喫できるのでおすすめです。マレーシア旅行を最後まで安全に楽しむために、知っておくべき治安情報や、治安の悪い地域などを紹介します。

アジアで安全な国 2:ラオス

ルアンパバーンなどの世界遺産で有名なラオスは、マレーシアに次いで治安が良いとされている国です。また、街の雰囲気は暗いですが、重犯罪などの発生率は低いとされています。ですが、自然災害などの危険はありますので、スリなどの安全対策はもちろんですが、自然災害にも注意が必要です。

ラオスの治安ってどう?注意が必要なスポットなど実際の状況をご紹介!のイメージ
ラオスの治安ってどう?注意が必要なスポットなど実際の状況をご紹介!
ラオスは東南アジアに属し、のどかな風景やゆったりと流れる時間に癒される、近年とても人気のスポットとなっています。比較的いいとされているラオスの治安ですが、治安がいいと言えども気の緩みは大変危険です!いいスポットや悪いスポットを含めて紹介していきます。

アジアで安全な国 3:ブータン

Photo by theglobalpanorama

日本人になじみがない国、ブータンはアジア圏内の中でも上位に入る治安の良い国となっています。また、夜間などには多少の警戒心は必要ですが、重犯罪や窃盗などの軽犯罪は少ないです。ですが、ブータンは禁煙国となっており、タバコの持ち込みは自由ですが、喫煙に対する法律は厳しいです。

アジアで安全な国 4:台湾

台湾もアジア圏内では治安が良い国とされています。また、首都では法外な料金を請求してくるタクシーなどがいますが、首都以外の場所では比較的に軽犯罪も少ないです。しかし、ナンパなどが多いので女性旅行者は注意が必要です。

台湾の治安ってどう?注意が必要な危険なスポットや旅行での注意をご紹介!のイメージ
台湾の治安ってどう?注意が必要な危険なスポットや旅行での注意をご紹介!
台湾は世界レベルで見てもかなり治安が良い地域で、女性の一人旅でも安心です。しかし犯罪に遭う可能性はゼロではありません。トラブルに巻き込まれないために安全対策はしっかりとしておきましょう。今回は台湾の治安や危険スポット、旅行での注意点をご紹介いたします。
台湾旅行の注意点は?海外旅行初心者が気をつけるポイントを解説!のイメージ
台湾旅行の注意点は?海外旅行初心者が気をつけるポイントを解説!
初めての海外旅行先に台湾を選ぶ人は多くいます。台湾は親日国で治安もよく、日本人の海外旅行先として非常に人気のある国ですが、注意する点がいくつかあります。この記事では、台湾旅行で特に海外旅行初心者のかたが気をつける注意点やポイントを解説します。

アジアで安全な国 5:インドネシア

インドネシアは1997年に大規模な暴動があり、治安が悪いイメージですが、現在は治安が改善されて比較的に平和な国となっています。しかし、ジャカルタではスリや詐欺が起きているので夜間の外出はもちろん、日中の観光でも注意は必要です。

インドネシアの治安ってどう?観光で気にするべき注意ポイントを解説!のイメージ
インドネシアの治安ってどう?観光で気にするべき注意ポイントを解説!
日本からも観光でとても行きやすく、グルメも人気な魅力的な国であるインドネシア。そんなインドネシアで観光を楽しむなら、地域別の治安や現地での注意点を把握しておくのがおすすめ。主にインドネシアで起きている犯罪や、治安の良い地域・悪い地域などを紹介するページです。

アジアで安全な国 6:日本

日本もシンガポールやマレーシアに次いで治安が良い国です。2019年現在でテロ組織などは確認されておらず、オリンピックの影響から、最近では外国人観光客も急増しています。また、英国雑誌エコノミストの「世界安全な都市ランキング50」では、東京が1位となっています。

アフリカで一番安全な国はどこ?

Photo byjacejojo

アフリカ全体は治安が悪いイメージですが、実は安全な国もいくつかあり、一番平和な国がモーリシャスだと言われています。また、モーリシャスはヨーロッパ諸国の人たちの間で、有名な高級リゾート地であり人気です。そして、現在テロ組織は確認されておらず、日中なら安全に外出ができます。

アフリカで安全な国 1:ボツワナ

ボツワナは、アフリカの中でも動物が多く平和な国とされています。首都では最低限の安全対策は必要ですが、日中ならそこまで心配は必要ないです。しかし、ボツワナは野生動物が多いので、ガイドなしで街から離れるのは危険となっています。

アフリカで安全な国 2:ガーナ

チョコレートで有名なガーナは、モーリシャスに次いで平和な国とされています。また、最近では観光地として世界各国から海外旅行者が訪れており、人気の国となっています。しかし、ガーナにはスリなどにあう可能性がありますので、警戒心も必要です。

アフリカで安全な国 3:ブルキナファソ

Photo by c.hug

ブルキナファソはモーリシャスに次いで、治安がよく安全な国とされています。日中なら首都でも観光客で賑わっているので、そこまで危険はありませんが、ひと気がない路地などは注意が必要です。また、最近では重犯罪やテロ組織は確認されていませんが、過去に発砲事件が発生していますので、夜間の外出はおすすめしません。

アフリカで安全な国 4:南アフリカ

南アフリカのケープタウンは、昔から治安改善に力を入れており、平和な国とされています。ケープタウンでは重犯罪も発生しておらず、一人旅でも気軽に観光が可能となっています。しかし、ケープタウンでは「白人差別」がまだ残っていますので、トラブルを避けるためにも注意は必要です。

アフリカで安全な国 5:シエラレオネ

シエラレオネは治安が悪い国というイメージがありますが、実は治安が良く平和な国です。首都などは主に出稼ぎの人たちが多く、夜間にスリなどの軽犯罪に注意する必要がありますが、日中は安全対策をしていれば安全に外出が可能です。しかし、交通機関が発達しておらず、移動手段はタクシーかバイクとなっています。

アフリカで安全な国 6:ザンビア

ザンビアも比較的に治安が良い国とされています。また、首都のルサカとリビングストンでは、夜間に外出する人も大勢いますので、ひと気がない路地に行かなければ、夜間でも外出ができます。しかし、法外な料金を請求するタクシーなどもいますので、注意は必要です。

南米で一番安全な国はどこ?

Photo by Murray Foubister

南米で一番安全な国は、エクアドルとされています。近年ではガラパゴス諸島へ観光に行く旅行者なども増えており、首都などでも治安改善に力を入れているので、南米の中では平和な国です。しかし、旅行者をターゲットにした盗難などの軽犯罪も発生しているので、安全対策と注意は必要です。

南米で安全な国 1:アルゼンチン

サッカーなどで有名なアルゼンチンも、南米では治安が良い国とされています。アルゼンチンの首都ブエノスアイレスでは、法外な料金を請求するタクシーなどがいますが、主にバスなどの交通機関に乗車すればトラブルは避けられます。また、首都から離れた街なら軽犯罪も年々少なくなっているので、安全に外出が可能です。

アルゼンチンの治安ってどう?注意が必要な場所や旅行中の対策をご紹介!のイメージ
アルゼンチンの治安ってどう?注意が必要な場所や旅行中の対策をご紹介!
日本の真裏にある国・アルゼンチン。日本では、陽気な人が暮らす、活気あふれる国として知られています。一方、旅行を計画されている方の中には、「治安が不安」という方もいらっしゃいます。実際にアルゼンチンの治安はどうなのか?注意スポットや対策を交えてご紹介します。

南米で安全な国 2:ペルー

日本人にはなじみがない国、ペルーも比較的に治安が良い国とされています。ペルーの首都リマでも、中心街なら夜間でも観光客や現地の人で賑わっており、最低限の安全対策さえしておけば、安全に外出が可能です。

南米で安全な国 3:チリ

Photo by Cissa Ferreira

チリはエクアドルに次いで、治安が良く平和な国です。チリでは重犯罪などは発生しておらず、有名なスラム街バルパライソでも、日中なら他国のスラム街と比べても安全に外出ができます。また、近年では海外旅行者も増えているので、チリ政府が治安改善に力を入れています。

チリの面積ってどのぐらい?日本と比較して大きさをわかりやすく解説!のイメージ
チリの面積ってどのぐらい?日本と比較して大きさをわかりやすく解説!
チリの面積は756,700平方キロメートルで、日本の国土の約2倍です。世界一細長い国チリの面積・人口・人口密度はどのぐらいか、日本全土や世界と比較してご紹介します。チリについての調べ学習や渡航の計画立てにお役立てください。

南米で安全な国 4:パラグアイ

パラグアイは、南米の中で比較的に平和な国とされています。また、パラグアイは他の国と比べても、首都でさえ人があまり多くなく、盗難などの軽犯罪も年々減少していますが、交通機関が発達していないので移動は不便です。

南米で安全な国 5:コロンビア

コロンビアは映画などで、治安が悪い国のイメージがありますが、南米の中では比較的に平和な国とされています。コロンビアの国境付近にはゲリラが存在していますが、首都などでは治安が改善されており、安心して外出が可能です。

コロンビアの治安は?世界トップクラスに危険な国の注意点を解説!のイメージ
コロンビアの治安は?世界トップクラスに危険な国の注意点を解説!
コロンビアは世界の危険度ランキング第8位と治安が悪く、旅行の際は非常に注意が必要な国の1つです。この記事ではコロンビアが治安が悪化し危険な国になった理由と、旅行に行く際に注意すべき点や事前準備で必ずしておくことを紹介します。

南米で安全な国 6:ボリビア

ボリビアは、ブラジルより治安が良い国とされています。また、日中では安全に外出できますが、夜間では注意が必要です。また、ボリビアの首都スクレやラパスでは、観光客も増加しており政府が治安改善に力を入れています。

ボリビアの治安っていい?悪い?旅行で注意が必要なことを解説!のイメージ
ボリビアの治安っていい?悪い?旅行で注意が必要なことを解説!
ボリビアは物価が安くウユニ塩湖をはじめとした有名な観光地も多いですが、日本に比べると軽犯罪が多く治安の悪い地域もあるので注意が必要です。ボリビアの治安傾向はもちろん強盗・盗難事件など、注意したい犯罪や観光する上での注意点なども紹介致します。

まとめ

フリー写真素材ぱくたそ

世界で一番安全な国や比較的に平和な国をいくつかご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?世界で一番安全と言われている国でも、最低限の安全対策は必要です。また、初めての海外旅行で犯罪やテロが少ない国へ行きたい方は、ぜひこの記事を参考にして海外旅行を楽しんでください。最後までお読みいただきありがとうございます。

Kaito
ライター

Kaito

Kaitoです。よろしくお願いします。

今、あなたにオススメの記事

関連記事

人気ランキング